お問い合わせ

昭和レトロな車両に広告を!銀座線レトロライナーのご紹介!

公開日公開日:2018.09.12

銀座線のレトロ車両に乗ったこと、ありますか?
レトロ車両とは90年前の銀座線を再現した「特別仕様車1000系」のことを指しており、内装が普通の銀座線車両と全く異なります!
落ち着いた木目調を基本としていて、初めて乗車した時は若干ノスタルジックな気持ちになりました。
私は今でもレトロ車両に乗れると「今日はなんかラッキーだな~♪」と思っております。笑
  この特別仕様車ですが、現在色んな銀座線の駅で行われているリニューアル工事の一環として誕生した列車で、「伝統×先端の融合」がテーマなんだとか!
室内予備灯や、「涙型」のつり革など90年前の車両を忠実に再現しようというこだわりが感じられます。
電車広告、首都圏、東京メトロ、貸切電車、メトロライナー
                  普通の銀座線車両とは異なるレトロ車両ですが、広告媒体もレトロ車両ならではの「特別」なものになっています。
   
■レトロライナー(広告貸切列車)
レトロライナーとは車内の広告全てを貸切ってしまう媒体のこと。(通常の銀座線の広告貸切列車はUライナーという名前です。)
このレトロライナー、出会えた人はかなりかなり運が良い!!!!!
なぜなら通常の貸切列車とは異なり、東京メトロのいくつもの審査に通ったお客さんしか実施することが出来ない媒体だからです。
首都圏、東京メトロ、貸切電車、メトロライナー
首都圏、東京メトロ、貸切電車、メトロライナー                  
審査がかなり厳しく実施にいたるケースが中々少ないので、出会えた方は色んな人に自慢しまくりましょう。
(レトロ車両では通常中づりやまど上は販売していないので、この広告貸切のときだけ掲出されている姿を見ることが出来ます)
 
お問い合わせはこちら
 
■GRV(Ginza Retro Vision)
 
通常の銀座線車両では、ドア横の1番目立つところに、「ツイン☆スター」と呼ばれるドア横ポスターがあります。
皆さんも電車に乗ったら必ず目にしているかと思います。
レトロ車両には通常ドア横ポスターが貼られている、この1番良い場所になんとビジョンが設置されているタイプの車両があります。
(※全てのレトロ車両に設置されているわけではありません。)
 
首都圏、東京メトロ、貸切電車、メトロライナー
首都圏、東京メトロ、貸切電車、メトロライナー                  
このGRVはTMV(Tokyo Metro Vision)とセットとなり、ビジョンをジャックする事も出来ちゃいます。
先日このビジョンの1社ジャックをしている車両に乗ったのですが、同じ映像がドア横を見てもドアの上を見ても流れているため、かなりの刷り込み効果があるな~~と思いました!
 
レトロな雰囲気を持ちながらも、最先端の広告媒体が搭載されている特別仕様車1000系!
是非この特別な電車に広告を出してみませんか??
詳しくは春光社へお問い合わせ下さい♪
 
お問い合わせはこちら

営業部 川波

お役立ちコンテンツ

用語集 faq