お問い合わせ

【超メジャー】中づり広告について

公開日公開日:2017.10.31

今回は中吊り広告についてご紹介します。

 

電車内の広告で一番歴史があり、一番メジャーな媒体ではないでしょうか?

一応簡単に説明すると、電車内の真ん中にピラピラっと掲出されている「アレ」です。

昔は週刊誌や雑誌の広告ばかりでしたが、

最近ではプランメニューも増えて、

多様性のある媒体へと変化しつつあり、様々な業界からの出稿があります。

 

■中吊り広告ってどんなもの?

ひとえに中吊り広告といっても、

中吊り広告は意外とメニュー数が多い媒体で、

電鉄(JR・メトロetc..)・掲出期間・掲出開始日・掲出路線・掲出位置・サイズと

細かいセグメントが可能で、非常に使い勝手のいい媒体なんです。

最近ではキャンペーンの告知や新商品・サービスの告知などの

内容が増えているような気がします。

昔はもっとシンプルなメニューだったらしいんですけど、

時代に合わせて中吊りも多様性のある媒体へと変化したんですね。

 

また、みなさんご承知ではあると思いますが、

「中吊り」と書いて、「なかづり」と読みます。

昔、「中吊り」を「ちゅうづり」と連呼していた人がいたとか・・

まあ確かに媒体の見た目からして、「ちゅうづり」もわからなくないですけどね。笑

 

■広告料金はどれくらい?

中吊り広告って意外と高いと思われますが、

費用対効果でみれば意外と安いのではと最近思います。

例えば山手線シングルサイズ、7日間の掲出で217万円です。

山手線全561車両に掲出され、1枚あたりの単価が約3,868円です。

(お詳しい方は枚数は800枚じゃないの?と疑問に思われますが、800枚は予備分を含めた数字になるんです。)

山手線の1週間の乗車延べ人数が、15,536,592人、

そして、中吊り1週間の広告到達率(広告を見たという人の割合(※JRメディアデータ参照))が19.95%。

1週間乗車人数×広告到達率=広告到達者数で計算すると、

なんと1週間で約3,099,550人にリーチできるんです!

また、上記のデータからひとりあたりの広告単価を算出すると、約0.7円です。

意外とお徳に感じませんか?

 

■掲出期間はどれくらい?

中吊り広告は短期で平日掲出の場合、掲出の開始日が

月・水・金でして、曜日掲出が選べるんです!

中吊り広告は週刊誌や雑誌の出稿がメインだったので、

週刊誌や雑誌の発売日に合わせて出稿できるように

こういった媒体体制になったとか。

ただ、月・水曜の出稿が2日間の掲出で

金曜からの掲出が3日間の掲出になります。

また、1週間の掲出も、もちろん可能です。

 

■短いのと長いのがあるけど・・

中吊り広告をみてみると、横幅が短いのと長いのがありますよね。

それを交通広告用語では、「シングルサイズ」と「ワイドサイズ」というんです。

これは中吊り広告に限ったことではなく、電車内のポスター広告のサイズは

「シングル」or「ワイド」でわけられるんです!

料金は単純に倍ですが、ワイドの方が見栄え良く掲出されますね。

 

■こんなデザインもあるの!?

中吊り広告にはあっと驚くようなデザインがあります。

もし、変わったクリエイティブが好みの方、

中吊りおもしろ事例集をお送りしますので、

下記までにお気軽にご連絡くださいませ。

 

TEL:03-6381-0905

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

資料請求はこちら

営業部 T.S

お役立ちコンテンツ

用語集 faq