出張シリーズ第2弾!福岡編

その他2020.02.26

出張シリーズ第2弾!福岡編

今回の出張は福岡へ行ってきました!

福岡へ行くのは実は2回目です。

(大学の卒業旅行で行きました)

 

今回も羽田空港から飛行機で福岡へ。

羽田空港の媒体は誰かしらコラムで書いているはずなので・・・

と思いましたが誰も書いていない!

誰も書いていないようであれば、いつか私が書きたいと思います。

 

福岡空港へ着くと早速目に入ってきたのは、柱に付いている電照看板です。

中から光で照らされているので、鮮やかに広告を見せることができます。

到着したほとんどの人の目に入るので、とても良い媒体だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市地下鉄への駅に向かう途中にも大きな看板がありました。

これだけ大きいと意識しなくても目に入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市地下鉄 福岡空港駅の改札前にはたくさんの看板が並んでいました。

こちらの看板は福岡空港から電車へ乗り換える人へ効果的に訴求することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡空港駅から天神駅へ向かいます。

福岡市地下鉄の車内はこんな感じでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアガラスの上にあるステッカーの媒体ですが、東京では「ツインステッカー」という名称が多いのですが、福岡市地下鉄では「ドア上ステッカー」という名称となっています。

基本的には東京にある車内媒体と同じでしたが、

ドア上広告(ドア上ステッカーの上)が少し大きく感じました。

※後に調べて分かったことですが、JR東日本や東急よりも縦幅が約10センチ長いことが分かりました。

 

もちろん中づり・まど上もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天神駅で降りると、最初に目に入ってきたのがこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の媒体なのか、凄く気になったのですが、

これは救命ボックス広告という媒体だそうです。

その名の通り救命ボックスにサイネージを付けた広告になります。

東京ではあまり見かけない広告でとても驚きました。

 

駅構内のコンコースにもデジタルサイネージがありました。

デジタルサイネージが増えてきている中で、

どの電鉄も大きい駅にはデジタルサイネージがあるものなんですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市地下鉄天神駅へ到着後、西鉄福岡(天神)駅へ向かいました。

天神駅へ到着して思いましたが、天神駅周辺は若者が多く感じられました。

現地の方曰く、福岡の若者は天神に来るそうです。

東京でいう渋谷のような感じでしょうか。

また、現在天神駅周辺のエリアは「天神ビッグバン」という都市開発が

福岡市により始動されており、2024年へ向けて更なる集客を目指しているようです。

今後天神駅周辺は更に多くの人が訪れることが期待されますね♪

広告代理店としても嬉しい限りです。

 

続いては福岡市地下鉄の媒体をご紹介・・・したいところではあるのですが、

長くなってしまいそうなので、次回の後編にてお届けしたいと思います。

 

春光社へのお問い合わせ、お待ちしております!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

メディア部 久野メディア部 久野
mautic is open source marketing automation