お問い合わせ

インバウンド向け広告に最適! 新媒体!京成上野駅「上野ステーションビジョン」

公開日公開日:2019.04.24

インバウンド・・・最近良く聞く言葉ですね。
いったいどんな意味かと調べたところ、どうやら英語の「inbound」から来ているようで、
「外から中に入る」「内向きの」という意味から
日本では「外国人の訪日旅行」「訪日外国人旅行」を指すことになったようです。
  オリンピックを来年に控え、ますます増えてくるインバウンド需要。
今日はそんなインバウンド向け広告にぴったりな新媒体をご紹介します!!
 
■■■京成上野駅「上野ステーションビジョン」■■■
え?上野?と思われた方、上野は今アツいのです!!
本当に外国人観光客だらけなのですよ!!!理由はというと・・・
 
その1:上野駅は成田空港からのスカイライナー到着駅!アクセスがとても便利!
そして上野駅はリニューアルしてJRへの乗換もかなりしやすくなりました!!
 
その2:アメ横でお買い物。食べ歩き、飲み歩き。
 
その3:上野公園でのんびり&博物館・美術館めぐり(特に花見の時期はすごいです!)
 
コンパクトに色々なものが詰まっているのが「上野」なのです!
その京成上野駅の改札目の前~地上出口へのエスカレーターの間に設置されている
「上野ステーションビジョン」はこちら!


                 
写真を見ただけでも分かりますよね!外国人観光客の多いこと!!
 
アジア圏、ヨーロッパ圏などなど色々な国の方々がスーツケースを抱えておりました。
こちらのビジョンの仕様・料金は・・・
■京成上野駅 コンコース階 65インチ液晶ディスプレイ
■サイズ・面数   :24面(1865×1050㎜)
■画面解像度      :1,920×1,080ピクセル
■露出時間        :5:00~24:00 (19時間)
■販売方法        :ロール販売 1ロール6分
■販売秒数        :15秒24枠※業務使用あり。
■放映開始        :毎週月曜/毎月1日
■音声              :あり
■広告料金 :1週間 10万円(1枠)
1ヶ月 32万円(1枠)
:ハーフジャック 84万円(限定1社)
 
↑安すぎませんか!?
これはもう「インバウンド」と言われたら、
反射的にこちらの媒体はやるっきゃないかと思います!!
 
そしてこちらのビジョンは音がでます!!
ここにスピーカーがついております↓

                 
サイネージの上にスピーカーがあり、頭上から流れてくるので、
スピーカーが耳にも近く、結構聞こえましたよ~!
この手のビジョンの中でも、一番聞こえました!!
※動画もございますので、ご覧になりたい方、御連絡ください~!!
 

                 
近くに外貨両替所や

                 
観光情報センター

                     
手荷物預かり所などもあり、外国人観光客の受け入れ態勢もばっちりです!!

                 
リニューアルして綺麗に使いやすくなった京成上野駅。
スカイライナーの利用も右肩上がりなので、上野駅利用者も右肩上がりです!
   
最後にスカイライナーの利用者データをご紹介。
 
■■■スカイライナーデータ(外国人観光客)■■■
・20代~30代が7割
・国籍は、台湾、中国、韓国、香港、タイ、アメリカの順で多くなっています。
 
■■■スカイライナーデータ(日本人の海外渡航利用)■■■
日本人にももちろんスカイライナーは多く利用されており
海外出張・海外旅行で使われ、男女比は男性6割、女性4割、
30代、40代の利用が一番多く、次いで20代と、意外と若い世代が使っています。
第3ターミナルから離着陸するLCC利用が広がってきているため
若い世代を中心とした利用が活発化してきています!
渡航先はアジアが約50%、次に北米、ヨーロッパと続きます。
 
■■■スカイライナーの利用者の現状■■■
本当に右肩上がりで、2017年から2018年にかけては
約50万人/年も増えています!
  ちなみにスカイライナーの中に設置されている
「スカイライナービジョン」は1ヶ月235,000円です!(+作業費64,000円)
  スカイライナービジョン&上野ステーションビジョンへの出稿で
インバウンド向け広告はばっちり☆
お問い合わせ、お待ちしております~!
    お問い合わせはこちら
 

営業部 東美穂

お役立ちコンテンツ

用語集 faq