宮内桃子がお届けする『新日本《鉄道》紀行 香川編』

その他2018.05.14

宮内桃子がお届けする『新日本《鉄道》紀行 香川編』

こんにちは。

先日の連休中に瀬戸内海の直島に行って参りました。

 

 

温暖な気候に穏やかな海、瀬戸内海に浮かぶ島々の稜線が美しく本当に素晴らしいところでした。

直島といえば草間彌生のかぼちゃが有名ですが、それだけでなく島のいたるところがアートスポットになっているのですが、

私のようなアートがよく分からない人間でも飽きること無く楽しむことができました。

特に地中美術館という美術館があるのですが、ココだけは絶対に外せない超おすすめスポットです!

あまり詳しくは言えませんが、きっと度肝を抜かれる体験ができると思います!

 

 

今回は1泊3000円程の女性専用の安宿(尼寺のようでした!)に宿泊しましたが、

お金がある方は、ぜひベネッセミュージアムに併設されているベネッセホテルへ宿泊し、アートに触れながらゆったりと過ごすことをオススメします。

今回は弾丸貧乏旅行でしたので、次回来る時はリッチに過ごしたいものです・・・。

 

 

直島は岡山からフェリーで15分程、香川から50分程のところにあるのですが、

今回は香川側からアプローチしました。

 

 

なぜわざわざ遠い香川側から行ったかと言うと、香川のうどんがどうしても食べてみたかったからです!!

 

 

今回は香川に住んでいた友人に薦められたうどん屋さん「バカ一代」へ行ってみました!

「バカ一代」へはフェリーターミナルから「ことでん」こと高松琴平電鉄に乗って向かいます。

 

 

ローカル電車『ことでん』!!!

全く鉄オタではないのですが、やはり交通広告代理店に務める身としてはどんな広告が掲出されるか気になるところです。

 

まずはフェリーターミナルの最寄り駅、高松築港駅に向かいます。

駅の風景はこんな感じ。

のどか~~~

四国を走ることでんの車体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着した車両は思いのほかポップ!

電鉄オリジナルキャラクターのイルカの「ことちゃん・ことみちゃん」のラッピング車両でした。

四国を走ることでんのラッピング電車「ことちゃん・ことみちゃん」

四国を走ることでんのラッピング電車「ことちゃん・ことみちゃん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、なぜことでんのキャラクターがイルカなのか皆さんはご存知でしょうか。

ちょっと切ない大人の事情が絡んでおり、かつて経営状況の悪化により存続の危機となったときに「ことでん要るか?」という問いかけがあったようです。

その「要るか?」から自戒の念をこめてイルカがキャラクターになっているそうです。。。(泣)

そんな悲しい(!?)生い立ちを持つ、ことちゃん・ことみちゃんですが今ではすっかり大人気キャラクターです!

確かによく見てると愛着が湧いてきますし、まさに愛しさと切なさと心強さを感じる(?)そんなキャラクターです。

 

 

 

車内はこんな感じです。

たまたま乗った車両が100周年記念のラッピング車両のようで、車内にもことみちゃんとその子分?がちょこんと座っています。

四国を走ることでんの車内の中づり広告

四国を走ることでんの車内で会えることみちゃんと子分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都心を走る東京メトロや山手線では常に座席は満席に近い状態ですので、広告貸切車両でもこのように何かを座席に置く展開は実現できないものです。
彼女らはラッシュ時には運転席とかに移動するのでしょうか・・・

 

 

 

車内はこんな感じです。ドア横ポスターが見慣れないサイズです!

広告内容も飲食店の地元の店舗など地域密着型の広告が多いです。

四国を走ることでんの駅にある駅貼り広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったん瓦町駅でおりて駅の様子を撮影しました。

これは臨時集中貼り?と思しき展開です。

四国、ことでん、駅貼りポスター、集中貼り"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貼り方がなかなか斬新です!

加工方法もドライマウントではなくパウチ加工となっています。

四国、ことでん、駅貼りポスター、パウチ加工で掲出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅貼りボードはこんな感じで、ちゃんと掲出料金まで記載されております。

わかりやすくていいですね!

四国、ことでん、駅貼りボードに掲出料金記載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なによりゴミ箱がホーム上のいたるところにあってとっても便利!

都心の駅でゴミ箱を探すのは至難の業で、いつもカバンの中がゴミでいっぱいになってしまいます。羨ましい限り・・・。

四国を走ることでんの駅。ゴミ箱がいっぱい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またラッピング車両がかなり多く運行しておりました。

年間300万円台で実施が出来るので観光客の利用も多い『ことでんでラッピング』を実施しても良いのかもしれませんね!

四国、ことでん、ことでんラッピング四国、ことでん、ことでんラッピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんの話にもどりますが、瓦町駅の隣の花園駅から徒歩5分ほどでうどん屋「バカ一代」があります。13時過ぎに行ったら長蛇の列。

1時間並んでやっとありつけました。

 

名物の「釜バターうどん」を注文しました。

もちもちの食感にツルッとのどごしの良い麺がまろやかなバターとだし醤油に良く合います。

スパイシーな黒胡椒の辛みが絶妙なバランスであっという間にペロッと完食してしまいました。

四国の香川県の名物「釜バターうどん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに香川のうどんはとってもおいしかったです・・・!

でもまだまだ食べ足りない!!!!

必ずまた、うどんを食べに香川へ来ます。

 

ということで香川の広告出稿を考えているお客様がいらっしゃいましたらぜひお問い合わせ下さい。

現地調査も喜んで行っちゃいます!!

営業部 宮内 桃子営業部 宮内 桃子
mautic is open source marketing automation