【2018年度まだ空きあります!】ビジネスマンターゲットなら東海道新幹線!

ターゲット別2018.11.14

【2018年度まだ空きあります!】ビジネスマンターゲットなら東海道新幹線!

こんにちは!三谷です。

 

弊社HPをご覧になっているみなさまは、

出張などで新幹線を利用し、掲出されている広告をついつい見てしまう方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんなみなさまに向けて、

今からでもまだ間に合う!東京~新大阪を結ぶ【東海道新幹線】の周辺媒体をご紹介いたします。

 

■東海道新幹線ユーザーデータ■

東海道新幹線は、1日に365本運行し、平均459,500人を運ぶ新幹線です。

そんな東海道新幹線はビジネスマンでいっぱい!なんです。

 

JR東海エージェンシー・JR西日本コミュニケーションズの調査では

ユーザーの77.6%が男性、全体の88.8%がビジネスパーソンが利用している、という

結果がでています。(ちなみに、観光目的は12.2%です)

 

運行本数も多く、新大阪駅まで2時間30分ほどで着くことができる利便性から

出張などビジネスの移動手段として、利用されることが多いのです。

 

グリーン車ユーザーに絞って見てみると、

ビジネスパーソンは利用者全体の87.3%、うち課長クラス以上は72.7%。

 

職種では経営・社業全般が25.5%、ついで営業・販売が16.9%、総務・法務が10.0%と

会社の意思決定の関与度が高いことも想定できます。

 

また、「自身に関係する新幹線車内媒体を見たことがあるか」という問いには

62.3%の人が「見たことがある」と答えており、

自社と同業種の会社が広告を掲出していたり、クライアント・顧客が掲出していたりと

自身に関係していることからつい見てしまう・周囲の人と話題にする、

など利用者と親和性が高いことも、魅力のひとつですね!

 

ご覧いただいたとおり、新幹線ユーザーの目的が明瞭であることや

乗車時間が長いこと、車内が閉鎖的な空間であることから

東海道新幹線の広告メディアは、ビジネスマンターゲットとしてかなり人気の媒体です。

(新幹線の清潔でリッチな印象が会社のブランド力向上にも役立ちます)

 

掲出している業種としては

BtoB(IT・システム関連・メーカーなど)、ビジネスホテルなどの宿泊施設、

飲料(お酒など)が多いです。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

■まだ空きあります!2018年度中に出稿できる媒体とは??

人気だって聞いたことあるし、空きないんじゃないの~?とあきらめている方は必見です!

今年中にできる媒体を少しだけご案内いたします。

 

 

◆ホームドアシート(グリーン車限定) 2月・3月空きあり

グリーン車付近のホームドアにシート掲出することができます!

しかも主要駅である、東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の6駅まとめて!

どこが乗降駅でもグリーン車に乗る富裕層にしっかり接触することができます!

 

1ヶ月:15,000,000円(制作内包)

 

 

◆スカイメディア品川 1月・2月・3月空きあり

品川駅の新幹線改札に天井が高くなっている部分があるのはご存知でしょうか。

その部分に巨大なフラッグを吊下げることができます。

縦長のフラッグは、他の媒体をみても珍しく、一気に目を引くこと間違いなしです。

 

 

◆J・ADビジョンCentral 新幹線東名阪セット

新幹線乗り場へ向かうコンコースに設置してある、縦型サイネージ。それがJ・ADビジョンCentralです。

乗り降りをするひとで人通りが多いこの通りで動画での訴求が可能です。

東京・名古屋・新大阪で同時期に展開することができます。

ホームドアシートほど大規模ではないですが、動画素材をお持ちの企業さまはこちらもご検討くださいませ!

 

 

いかがでしたでしょうか?

こちらの媒体以外にも空きのあるもの多数ございます!

ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

 

お問い合わせはこちら

 

企画 三谷企画 三谷
mautic is open source marketing automation