お問い合わせ

03-3538-9225

受付 / 10:00~17:30(土日祝を除く)

交通広告とWeb広告をセットで!

公開日公開日:2020.12.21

こんにちは。


感染者数が増えてきてしまいましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

冬場の乾燥と気の緩みが重なってしまい

第三波?が広がってきているのかな、と思ってしまいますね。

コワイですね。。。


交通広告はこのコロナ禍で大きな影響を受けてしまっています。

そんななか、小田急から新たな試みが始まりました。


「新宿駅デジタルメディア スマホ広告配信企画」

です。


その名の通り、小田急新宿駅にあるデジタルサイネージと

スマホへの広告配信をセットにしたパッケージプランです。

※2021年3月掲出分までが対象となります。


2019年夏には東急でも似たような試みが行われていましたが、

ついに小田急でも始まります。


小田急新宿駅には4つのデジタルサイネージが設置されています。


・新宿駅デジタルウォール

 広告料金:\2,200,000/7日間


 

・新宿駅西口デジタルピラーAエリア

 広告料金:\2,200,000/7日間


・新宿駅西口デジタルピラーBエリア

 広告料金:\3,300,000/7日間


・新宿駅南口デジタルピラー

 広告料金:\2,300,000/7日間


このデジタルサイネージにはそれぞれSoftbankのWi-Fiが設置されており、

このWi-Fiエリアに入ったユーザー(=サイネージの広告を見たであろうユーザー)へ

スマホ広告が配信されるのです。


配信される時間も、サイネージ付近や新宿駅にいるタイミングだけでなく、

離れたタイミングでも追いかけて配信を行います。


例えば、

週に1回の出社で小田急新宿駅を利用し、サイネージの広告を見たであろうユーザーには

テレワーク中の時にもスマホへ広告が配信されます。

交通広告はその場にいる時にしか接触できませんが、

それを補う役割としてスマホへの広告配信が可能になります。


また、Wi-Fiエリア内に入った人数を計測できるため、

普段の交通広告では測ることのできないリーチ数(接触者数)まで測定することが可能になります。


交通広告を実施するうえで懸念されていた

「接触点が限られている」、「どれくらいの人に届いているのか分からない」、といった点を

このパッケージプランで補うことが可能になります。


パッケージプランはA~Cまで3つのプランがあり、

基本プランのAプランは、スマホへの広告配信は無償で20万impが保証されるプランです。

お試しで実施するにはAプランでも十分かと思います。


2019年夏には東急で、今年2020年は小田急で、試験導入され、

2021年には東急が再び試験導入を予定している駅のデジタルサイネージと

スマホへの広告配信をセットにしたプランですが、

未来の交通広告のスタンダードとなっていくのでしょうか。

今後どのような進化を遂げていくのか、楽しみで仕方ありません。

お問い合わせはこちら

営業部 三宮

お気軽にお問い合わせください!

若手ならではのフレッシュな発想で、「こういう広告はこの媒体が良い」などのステレオタイプにとらわれず、みなさんの力になれればと思います。 もちろん斬新なアイデアだけでなく、経験に基づいた効果的な媒体もご提案させていただきます。

お役立ちコンテンツ

用語集 faq 動画制作