お問い合わせ

03-3538-9225

受付 / 10:00~17:30(土日祝を除く)

群馬県のめずらしい電車紹介

公開日公開日:2020.11.02

こんにちは!

すっかり肌寒くなってきて、気付けばもう秋ですね。

ついこの前まで暑かったのに・・あの暑さはどこへやら・・


秋といえば、「○○の秋」ということで、食欲の秋や読書の秋、スポーツの秋・・等々

色々とあると思いますが、みなさん今年はどのような秋にしますか?

私は、読書の秋と映画の秋にしようと思います!

普段なかなか触れることが少ないので、この機会にと意気込んでいます(笑)

おすすめのものがありましたら是非教えてください。


さて、そろそろ本題に入ります。

今回は、実際に乗車しためずらしい電車をご紹介いたします。

それは、群馬県を走る「上毛電鉄」です!


上毛電鉄とは、群馬県の前橋市と桐生市を東西に結ぶ2両編成のローカル線です。

この電車の大きな特徴は、なんと電車内にそのまま自転車を持ち込めることです!

都心でも、折りたたむ、追加料金を払う等すれば持ち込めることもありますが、

そのまま持ち込めることはめずらしいです。


「サイクルトレイン」という制度で、

料金は電車運賃のみ、持込料は特にかかりません。

自転車を電車に持ち込むことができると、

自宅から駅まで、駅から目的地まで自転車で移動できるので、ぐんと行動範囲が広がります。


また、一部駅では自転車の無料レンタルも行っているとのことです。

自転車利用者にとことんやさしい電鉄ですね・・!


そんな上毛電鉄に、先日実際に乗ってきました。

乗ったのは7月だったのですが、車内にはこんな飾りがありました。

カラフルなあじさいと短冊のついた風鈴が飾られていました。

調べてみると、「風鈴電車」といって、

どうやら上毛電鉄では毎年恒例で運行されているようです。

風鈴に付けられている短冊には、俳句や川柳が書かれていました。


乗車中、実際に自転車を持ち込んでいる人も数名見かけました。

ですが、おどろいたり注目する人はほとんどいませんでした。

この地域ではこれが当たり前のことなのですね(笑)


また、途中赤城駅で停車していると、目の前にこんな電車が止まっていました。

これは、「ぐんまちゃん列車」といって、2020年4月から運行しています。

ラッピングのみならず、車内にもぐんまちゃんの絵が飾られているそうです。

ちなみにですが、10月には秋の風物詩「ハロウィン電車」が運行していたそうです。


さて、ここまでご紹介した上毛電鉄ですが、もちろん広告枠ございます!

駅、車内ともに媒体ありますので、気になる方はぜひ!


首都圏のみならず、こういった地方ローカル線も扱っておりますので、

何かございましたらお気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

営業部 高橋

どこでも飛んでいきます~!

旅行と美味しいお肉が好きです。 今年の目標は体を動かすこと! お問合せお待ちしております!

お役立ちコンテンツ

用語集 faq