お問い合わせ

03-3538-9225

受付 / 10:00~17:30(土日祝を除く)

デジタルサイネージ活用術

公開日公開日:2020.07.27

今回はデジタルサイネージの活用術についてご紹介したいと思います。

かなり前から駅や電車にデジタルサイネージが設置され始め、

近年でその数はますます増えています。

それにともない、多くの方がサイネージ広告に興味を持っていただき

弊社へのお問い合わせ件数も増加傾向にあります。


私もお問合のご案内をするなかで、いくつか分かったことがありました。

それは、駅や電車のサイネージの種類や数は増えているが、

その有効な活用方法はあまり知られていない!ということです。


「駅や電車のサイネージって、なんかよさそう・・・」

と思っていただく機会は多いものの、それが自社のプロモーションへ

どのように活用できるかはなかなかイメージしづらいようです。

ということで、デジタルサイネージの具体的な活用方法について

資料にまとめましたので、興味ある方はぜひ資料請求してください。


資料はこちら↓

【プロが教えるサイネージ活用術!】

(お問い合わせ種別の「その他お問い合わせ」を選び、会社名、お名前、メールアドレスを入力し、

問い合わせ内容に『資料請求【プロが教えるサイネージ活用術!】』と入力してください。)


上記の資料をわざわざダウンロードするのは面倒くさい!という方は

以下の点だけ読んでいただければと思います。


広告予算が少ない会社も活用できる!

駅や車内のデジタルサイネージは広告料金の幅がとても大きいです。

1週間で400万円以上のものもあれば、1カ月で10万円以下のもの

もあります。サイネージの料金は放映面自体の大きさや面数、

駅や電車を利用する人数などにより、大きく異なります。


「交通広告=高い」というイメージを持たれる方が多いようですが、

交通広告のサイネージに関しては当てはまりません

予算が少ないことを理由に駅や電車のデジタルサイネージを除外して

しまうのは大変勿体ないと思います。

大企業ほどの広告予算が無い企業様にも、ぜひご検討いただきたいです!


首都圏以外も増えている!

5~6年前、駅や電車のサイネージといえば首都圏が圧倒的に普及していました。

その頃、首都圏以外の大都市では駅や電車のサイネージ自体が無いか、あっても

面数が極端に少なく広告価値の低いエリアも多くありました。

しかし、サイネージの普及は地方においても加速度的に進んでおり、

人気で枠が取れない媒体も徐々に増えてきています。

「地方=駅や電車のサイネージがない」という思い込みは捨てて、

首都圏以外で広告を検討する場合はぜひお問合せ下さい!


駅サイネージの大型化が止まらない!

近年、駅サイネージの巨大化が止まりません。

新宿や渋谷、大阪梅田などでは、横幅が20mを超える駅サイネージが

続々と新設され、人気の広告媒体となっています。

これまで主要駅のサイネージは改札付近など、人の流動が多い場所の

柱に縦型のサイネージを設置するパターンが主流でした。

しかし、縦型サイネージの設置がほぼ完了した段階で

次に設置候補となったのが駅の壁面です。

これまで、大型のポスターボードやシート広告を掲出する場所を

デジタル化し、超大型のサイネージにする流れが加速しています。

駅のサイネージはこの超大型化の流れで、これまでよりも動画表現の

幅が広がったといえるでしょう。


以上、主な点をお伝えしましたが、より詳細な内容に興味を

お持ちの方はぜひ以下の資料をご覧ください。


資料はこちら↓

【プロが教えるサイネージ活用術!】

(お問い合わせ種別の「その他お問い合わせ」を選び、会社名、お名前、メールアドレスを入力し、

問い合わせ内容に『資料請求【プロが教えるサイネージ活用術!】』と入力してください。)

営業部 新井

大手プロモーションを得意としてます!

春光社で営業として10年ほどを過ごし、テレビ、新聞、金融、不動産など、 様々な業種を担当した経験から、引き出しの多さに自信があります。 目的に合った媒体の選定から少し変わった展開方法など、お客様の ニーズに合わせた最適なプランをご案内致します! 趣味は自転車(ロードバイク)と熱帯魚の飼育、好きな食べ物はカレーと焼きとんです。

お役立ちコンテンツ

用語集 faq