車内媒体基礎編:乗り入れってナニ?

交通広告2019.02.25

車内媒体基礎編:乗り入れってナニ?

車内広告をご検討されている方へ基礎として知って欲しい!編

 

今回は車内媒体基礎編第2弾。

「乗り入れ」についてお話しようと思います。

同じ路線でもその時々で、違うお顔・違う色の電車に乗っている・・という経験はございませんか?

その不思議、このコラムを見れば謎解きできるかもしれません。

 

私自身、入社するまで知らなかったこの“常識”。(笑)

正確に知っておけば、必要に応じてチョイスできますし、選択肢も広がります。

また、交通広告の代理店に「お、この人知ってるな!?」と思わせられるかも?!しれません。(笑)

ぜひ最後までお読み下さい!♪

 

第一弾もぜひお読み下さい!↓

車内媒体基礎編:1車両と1編成の違いってナニ?!

https://shunkosha.co.jp/column/ad_relation/17721/

 

 

【乗り入れってナニ?!】

「乗り入れ」とは、複数の路線や電鉄をまたがって列車を運転することで、「直通運転」とも言います。

 

単語はなんとなく聞いたことのある方、いらっしゃるのではないでしょうか?

いまいちピンとこない!という方、東京メトロ半蔵門線を例に挙げて、ご説明させていただきます。

東京メトロ半蔵門線は「東武スカイツリーライン」と「東急田園都市線」に「乗り入れ」しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京メトロ半蔵門線の駅は渋谷~押上まで。

東武スカイツリーラインは押上~南栗橋/久喜まで。

東急田園都市線は渋谷~中央林間まで。

駅を管轄している電鉄としては3つに分けることができますが、線路としては繋がっているんです。

電鉄が代わっても乗換の必要はなく、目的地へ向かうことができます。

 

と、いうことは!

この線路を走る電車は、東武の車両、メトロの車両、東急の車両が混在しているということになります。

押上でも渋谷でも中央林間でも、例えば東武の車両が走っている、ということが普通にあるんです。

 

半蔵門線ユーザーの方は、

この車両、見たことはございませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、東京メトロ・東武・東急の車両です。

車体を良く見れば電鉄ロゴが入っているので、それで判別することも可能です。

各電鉄の車両は自分の管轄を超えて日々走っているのです。

 

 

この「乗り入れ」、広告をご検討される際にも、とても重要なポイントとなります。

乗り入れている電鉄の間で、車内広告の価格調整が厳密に行われているわけではなく、

メトロで出稿すると高いけど、別の乗り入れ路線で出稿すると安い、といった現象も起こっているんです。

これは、知っていて損はないお得に出稿できる裏ワザです!

 

例えば、東京メトロのステッカーは全線セットで1ヶ月750万円です。

路線別のバラ売りはせず、全線セットの料金です。

しかし、半蔵門線に乗り入れている東武車両のステッカーはなんと1ヶ月18万円。

料金だけ見ても「安い!」と思ってもらえるかと思いますが

前述したとおり、この車両もまた東急まで走るので、なんとコスパのよいことでしょう!!と感動モノです。

 

もしかしたら、乗り入れ本数が少ないんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね・・。

東武の車両のメトロ半蔵門線/東急田園都市線への乗り入れは4.2本に1本。

渋谷駅で通りすぎる電車を観察したら、約4本に1回は東武の車両に遭遇する計算となります。

・・私は結構穴場でお得感のあるよいメニューだと思うのですが、みなさんいかがでしょう??

 

 

今回は「乗り入れ」についてお話させていただきました。

分かりそうで分かっていなかったこと、知っていれば広告のご検討に役立つこと、

今後も少しずつご案内してまいります!

 

車内広告に関してご不明点ございましたら

お気軽にご相談ください!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 三谷碧営業部 三谷碧
mautic is open source marketing automation