イベント王に俺はなる!

駅媒体(イベント)2018.02.01

イベント王に俺はなる!

交通広告のお問合せで意外に?!多いのが

「イベント関係について」です。

 

「変わったこと駅でやっていたけど、あれは何?」

「イベントやってみたいのだけど、どこでできるの?」

「場所代は高いの?安いの?」

「1日だけでも大丈夫?」などなど

 

今回は、そんな「駅イベントスペース」について

ご案内したいと思います。

 

駅でやるメリットは?

屋外や会場でのイベントが一般的ですが、

なぜ、駅でやるのが良いのか?

駅でイベントをする最大のメリットは

「すでにたくさんの人が駅を利用している!」

ということです。

 

JR乗車人員(1日平均乗車人員)

新宿駅  760,043人

東京駅  434,633人

品川駅  361,466人

秋葉原駅 243,921人

 

集客にお金をかけないでも、

かなりの人数が流入してくるのです。

ある程度の参加人数が期待できるので

とってもお得でしょう!

 

交通広告のイベントで何をする?

イベントと言っても、交通広告の場合、

もちろんコンサートをしたりするわけではなく。。。

人に商品を配るサンプリングであったり、

ブースを作って展示をイベントスペースで行ったり。

変わったことをやっているスペースが

「イベントスペース」と言えるかもしれません。

 

毎週のように駅構内では、

変わった駅イベントが展開されています。

例えば、最近新宿で行っていた展開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ファイナルファンタジー

歴代のパッケージをシールでもらえる展開です。

かなりの人が並んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のヒ・ミ・ツ

あらためて、なぜ、駅広告の中でも

最近駅イベントが注目されているのか?

私なりに考えてみました。

 

1.触れる!体験できる! → 話題化、SNSで拡散!!

交通広告の強みである「触れる」「体験できる」と

相まって、「ここでしか体験できない!!」が話題化に!

話題になれば、SNSで拡散!の流れになります。

「インスタ映え」と言うやつですね。。。

昔はその場にいた人だけが知っていたことが、

今やアッという間にみんな知っている。

人が人を呼ぶ展開です。広告効果も倍増!

大きいものや、触れるものを展示するパターンや

最新商品を体験できるといった参加型キャンペーンも

人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.効果が目に見える!

配ったら、配った分だけ効果が目に見えるといえます。

サンプリングだったり、

タッチアンドトライだったり、

お客様にいくつサンプルを渡したかが明確にわかり、

尚且つ、お客様の反応がその場でわかる。

商品への反応・効果が実感できるのが、

魅力のひとつでしょう。

割引き券付きのクーポン

会員登録サイトへの誘導QR付き配布物も

目に見えて結果がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.実施したい日を選んで掲出

駅広告の場合、1週間販売や1ヶ月販売などの

商品が多いのですが、

駅イベントスペースの場合、1日~販売ですので、

販売日の前後3日など、必要な日数だけで掲出できるので

効率的な広告展開が可能です!

 

(人気エリアのイベントスペース料金)1日

JR品川(臨時ホーム階段脇)40.96㎡ 500,000円

JR渋谷(中央改札内)9.6㎡ 500,000円

JR秋葉原(電気街口改札内)14.4㎡ 400,000円

その他のイベントスペースの料金はコチラ↓

http://shunkosha.co.jp/ad_types_lines?fadtype=156&flinetype=

 

魅力たっぷりの駅イベントスペース利用したくなったでしょう!

 

駅への申請や駅ならではの注意点などありますので、

ご興味ありましたら、弊社までお問合せください。

https://shunkosha.lmsg.jp/form/11506/Qi81MhDo

 

関連記事:面白いことやりたい人必見!東京駅のイベントスペースならここしかない!

営業部 永田営業部 永田
mautic is open source marketing automation