訪日外国人向け媒体【成田空港メディアご紹介】

空港媒体2017.12.27

訪日外国人向け媒体【成田空港メディアご紹介】

もうすぐ今年も1年が終わりますね。

今年のお休みは少し短いですが、

年末年始に海外旅行する方もいらっしゃると思います。

 

今回は日本からの海外旅行、

外国からの日本訪問で必ず使う

 

そんな【空港】媒体をご案内したいと思います!!

 

東京オリンピックや、観光大国に向けて日本政府観光局がPR活動(Visit JAPAN Campaign)

を行っていることもあり、世界中から日本に来る外国人観光客は

年々増加の一途をたどっています。

ここ数年、日本企業からも、外国のお客さんにもっと知ってもらいたい、

買ってもらいたい、プロモーションしたい、そんなインバウンド需要が高まっています。

今回は、外国の方が日本に降り立つ最初の場所【空港】で

効果的に広告を打つための媒体をご案内したいと思います。

 

【成田国際空港】

日本最大を誇る国際空港です。

2016年には、訪日外国人が日本人利用者を

上回ったというデータも出ています。

外国人利用者 1392万人(前年比11%増)

日本人利用者 1330万人(前年比2%増)*乗り継ぎ除く

*特にアジアからの利用者が増えているそうです。

この先も右肩上がりに利用者が増えることが予想されています。

 

個人的には成田は遠いというイメージがありましたが

一昔前から比べると、かなりアクセスも便利になっています。

 

京成 スカイライナーなら、

日暮里~成田空港第2ビル 36分

JR東日本 N’EXなら

東京~成田空港 59分

 

それも利用者増に影響しているかもしれませんね。

 

では、具体的に施設を見てみましょう。

第一ターミナル、第二ターミナル、第三ターミナル

 

一体何が違うの?

 

答え.飛行機会社のグループが異なります。

 

もし、告知したい商品と飛行機会社の行先で関連があるのなら、

先に知っておいたほうがよいかもしれません。

 

1、第一ターミナル

スターアライアンス(ANA、中国国際航空など)が利用するエリアです。

 

2、第二ターミナル

ワンワールド(JAL、ブリティッシュ・エアウェイズなど)が利用するエリアです。

 

3、第三ターミナル

ジェットスタージャパン、バニラエアなどLCCがメインで利用するエリアです。

 

*さらに2017年に外国人向けにビジターセンターが第一ターミナルにOPEN!

外国から日本に来る方がさらに使いやすくなりました。

 

広告掲載はどのように、どの場所でできるの?

 

シート広告 

迫力ある大型のシートで目に留まること間違いなし。

出発、到着ロビー、移動する通路などにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ターミナル移動通路壁面到着動線 900,000円/月 制作別途

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3ターミナル 出発ロビー 700,000円/月 制作別途

 

 

大型フラッグ
視線の上に位置する大型フラッグは、インパクト抜群!
空港は天井が高いので、フラッグのサイズも大きいものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2ターミナル出発ロビー 1,000,000円/月 制作別途

 

パネル集中貼り

意外に空港内はエレベーターの距離が長いので、

左右にパネルを張り巡らせれば、かなりの接触率になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2ターミナルビル到着動線 B1F~1Fエレベーター 900,000円 /月

 

デジタルサイネージ①

出発前に必ず、見つめる出発便のご案内、

あわせてデジタルサイネージにも目が行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ビルセキュリティチェック 出発ロビー 1,200,000円/月

 

デジタルサイネージ②

ターミナルゲートと空港内商業施設に縦型のデジタルサイネージがネットワークで

張り巡らされています。目線の位置ですので、自然と目に入ります。

ネットワークで数も多いので、確実にタッチするはずです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1ビル出発・販促ネットワークセット)55インチ 24箇所 700,000円/月

 

以上が、おおまかな広告媒体のご案内です。

 

欲しいと思ったけど、空いているの?

 

成田空港の場合、年間で一次募集を行い、前年の広告主に優先権があります。

その後改めて空いている枠について募集を行います。

人気の枠については、すでに年間で埋まっている場合もあります。

年間で埋まってなくても、旅行シーズンについては枠が少なくなっています。

毎年、12月頃に一般OPENの枠が発表になります。

のんびりしているとアッという間に売り切れですので、ご注意を。。。

 

お問合せはこちらから。

https://shunkosha.lmsg.jp/form/11506/G9UdB7Pq

営業部 永田営業部 永田
mautic is open source marketing automation