丸の内を走るバスのラッピング広告は春光社にお問い合わせください

バス広告2017.12.18

丸の内を走るバスのラッピング広告は春光社にお問い合わせください

「丸の内エリアに目立つ屋外看板を出せないですか?」

 

というお問い合わせを頂くことがあるのですが、実は丸の内エリアには看板が1つもないんです!

景観保護の観点から、ごちゃごちゃした景色にならないように条例も定められています。

 

確かに丸の内エリアは洗練されたおしゃれなイメージがありますよね~~

今の時期はイルミネーションも綺麗ですし、『きらきらした街』って感じがします。

 

 

でも「丸の内エリアに広告を出したい!!」と思っている広告主様!!

そんな要望を相談されている代理店の皆様!!

あきらめてはいけません!!!!

 

実は丸の内エリアに広告を出す方法があるんです!!

それは

「丸の内シャトル」のバスラッピング

です!

 

丸の内シャトルとは

丸の内シャトルとは、丸の内・東京・大手町・有楽町エリアを無料で巡回しているバスです。

 

平日は1日平均2,000人~2,500人、休日は1,000人~1,500人が利用しており、

年間67万人のビジネスパーソンと来街者を運んでいます。

 

平日は8:00~20:00、土日祝日は10:00~20:00で

約12分~15分間隔で運行中です。

 

 

丸の内シャトルバスラッピングの魅力は・・・??

私が考えるバスラッピングの魅力は全部で3つです!

 

魅力① 屋外広告が規制されている丸の内エリアで、広告を出せる!

やっぱり1番おススメしたい点はここです。

丸の内エリアの美しい景観の一部としてバスラッピングは存在することが出来ます!

 

 魅力② 多くの人の目に入る

バスラッピングは色んな人に見てもらえるという点も魅力の1つではないでしょうか。

バス利用者だけでなく、バス運行ルート付近で働く人々や、通行人、

車のドライバーなどなど多くの人の目に入る可能性があります!

 

バスラッピングは動く広告として

自社の商品やサービスをたくさんの人にアピールすることができますね。

 

魅力③ 広告面が大きい!

丸の内シャトルの広告面は、以下の青い部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスの窓から下はほぼ広告面となっています!

中々大きいと思いませんか?

バスラッピングは通行人の目線の高さにあるので、

視認性もバッチリです☆

 

 

高層ビル×丸の内シャトルバスラッピング、かなり素敵だと思います!!

 

皆様に丸の内シャトルのバスラッピングの魅力は伝わったでしょうか??

 

この丸の内シャトルのバスラッピング、

実は春光社がオリジナルに開発した媒体なのです・・・!!!!

1ヶ月~掲出可能で、現在(2017年12月現在)空きはございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金や詳しい媒体情報などご興味のある方は一度お問い合わせ下さい。

https://shunkosha.lmsg.jp/form/11506/m0jWyfsh
営業部 川波 営業部 川波 
mautic is open source marketing automation