【見直したい!】ラッピングバス広告の魅力

バス広告2017.08.23

【見直したい!】ラッピングバス広告の魅力

お盆休みが終わり、今週からまた通常業務ですが

皆さんはいかがお過ごしですか??

先週の都内は久しぶりに涼しい日が続きましたが、

今週はまた暑くなりそうですね・・・☀

 

唐突ですが、バスのラッピング広告って目立つと思いませんか?

駅前のバスターミナル付近を歩いていると、ついつい目に入ってきませんか??

私は仕事が終って、帰宅中のときに疲れてボーっとしてても、

駅前を走っているラッピングバスが自然と目に入ってきます☺

そんなとき、広告としての効果を改めて感じます。

今回はバスのラッピング広告の魅力を存分にお伝えしたいと思います!

 

【魅力その1:安い!】

バス会社や路線にもよりますが、月額10万円以下の路線も多いです!

月10万円以下で地元の多くの人に見てもらえるのは

広告としての費用対効果が高いと思います。

毎月のリスティング広告に20~30万円をかける企業様から見ると

ランニングコストが安いと感じていただけるのではないでしょうか?

 

【魅力その2:地元密着】

バスのラッピング広告は基本的には営業所単位での実施となります。

大きな駅だと西口と東口で営業所が違うケースも多いので、

東口から出ている路線だけに出すことも可能です。

つまり、完全に地元密着型広告です!

地元に住んでいる方だけにしっかりアピールしたい場合は

とても効率的&効果的な広告といえます。

 

【魅力その3:視認性】

やっぱり、目立つんです!

広告面が大きいですし、見る人も近くで見ているので

視認性が良く、広告効果も高いです!

 

【魅力その4:多くの人に見てもらえる】

色々な人に見てもらえるのも大きな特徴ですね。

バス利用者だけでなく、駅付近の通行人、バス路線沿線の住人、

ドライバーなどなど。

自社の商品やサービスを多くの人に対して

効果的にアピールすることができます!

 

どうでしょうか?バスのラッピング広告が少し魅力的に

感じていただけたら嬉しいです♥

 

現在、都営バスのラッピング広告ではキャンペーンを実施中です。

期間限定(2018年の2月28日掲出開始分まで)の限定キャンペーンです。

最大40%オフで実施できるので、この機会に是非ご検討下さい!

 

もちろん、都営バス以外も幅広くご案内可能です。

東急バス、小田急バス、東武バス、西武バス、京王バス、国際興業バス、

横浜市営バス、神奈中バス、などなど。

 

気になる方はお気軽にお問合せ下さい。

ご連絡お待ちしています!

 

春光社 営業2部 三谷碧

☏03-3538-9324

mitani.aoi@shunkosha.co.jp

 

 

企画 三谷企画 三谷
mautic is open source marketing automation