小さなスペースでも必ず見ます?自動改札ステッカー

駅媒体(その他)2019.07.24

小さなスペースでも必ず見ます?自動改札ステッカー

 

みなさん、電車の広告と聞いてどんな場所の広告を思い浮かべますか?

やはり、大きく目立つ位置にあるものですよね。

例えば、電車内であれば車内天井部から吊られている「中づり」ポスター、

駅構内ならホームから見える大型の看板や構内通路にある大型ポスターなどでは

ないでしょうか。

 

私がまだこの業界に入りたての頃、ある取引先の方から

『広告とは人に例えるなら「顔」だよ!男なら顔のキレイな女性が傍を歩いていたら振り返っても見るだろ』

と言われたような記憶があります。

 

そんな言葉はこのコラムを書くまではすっかり忘れておりましたが、やはりお客様への

提案の際は、大きくて目立つ媒体を中心にプランを組み立てお客様へ提案するのが

いいと思っていました。

 

それが先日ある得意先さまから「自動改札ステッカーを検討したい」

というリクエストを受けました。

 

皆さん「自動改札ステッカー」って知っていますか?

名の通り自動改札機に掲出するステッカーのことです。

(詳細は後ほど述べさせていただきます)

 

私がこの話を受けたときは、

「広告面は小さくて一瞬で通り過ぎてしまうスペースの広告なんかどうなの・・」

とは思いましたが、お客様からの依頼ですからすぐに空き枠を調べて提案。

そして数日後お客様から決定との連絡!

今回は掲出まであまり時間がなかったことから、急いで製作を行い無事媒体社へ納品完了。

 

そして掲出開始日となり、確認のため現場に見に行くのですが

複数のビジュアルを用意していたため間違いなく掲出されているかなと

心配しつつでしたが指示通り掲出されていることにホッとしていると

ナゼかパッと頭に某学習塾の塾名が出てきました。

 

なんでそんなものが頭に出てきたんだろうなと思っていましたが、理由はその日の帰宅時に判明。

なんと私の自宅最寄り駅にその学習塾の自動改札ステッカーが掲出されていました。

毎日通勤の行き帰りに利用する駅ですが自動改札ステッカーが掲出されているとは

その時までまったく気が付きませんでした。

(正確にはステッカーを見てはいたかもしれませんが・・)

 

今まで自分はサイズが大きく目立つ広告媒体が一番!などと思っていましたがそんなことはないですね。

自動改札ステッカーのように、小さな広告スペースであっても日々接触する場所で広告を掲出することにより、

十分な効果が期待できると今回の件では気付かされました。

 

知らないうちに情報の刷り込みが行われ、潜在意識に働きかけることができる?

『自動改札ステッカー』是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

 

首都圏では殆どの電鉄で自動改札ステッカーの販売を行っておりますが電鉄ごとに販売方法が異なります。

エリアに分けて複数駅をセットとして販売している電鉄、1駅単位で販売している電鉄と異なります。

また電鉄ごとに自動改札機の構造が異なりますのでサイズや掲出位置も微妙に違いがございます。

 

詳細につきましては是非当社へお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 松原営業部 松原
mautic is open source marketing automation