これ知ってる?最新!車内デジタルサイネージ情報

車内媒体(デジタル)2018.11.12

これ知ってる?最新!車内デジタルサイネージ情報

皆様ご存知のとおり?!交通広告の最近の流行といえば、

【デジタルサイネージ】

 

2018年度始まって半年経ちますが、続々と新しい商品が登場しています。

今回はあらためて最新のものを含め、車内ビジョン情報をご案内いたします。

 

まずはコレ!

 

 

JR東日本

E235系山手線まど上ビジョン

21.5インチ×3面

7日間 15秒(最大20分ロール) 800,000円(2018年10月~)

 

山手線の新型車両 車内がビジョンでいっぱい!

これぞ未来の列車という感じですよね。

このコラムでもいろいろな人が紹介しています。

動画+静止画+動画といった使い方や、

3面を1つのビジュアルで統一して使用する方法まで

使い方はいろいろです!

順次、旧型の車両から新型車両に切替を行っていますので、

遭遇率はどんどん上がっています。

今年の一押しの商品です!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

実は、3面ビジョンは山手線だけではないのです!!

今年登場の新商品!

 

東急

2020系田園都市線新型車両

まど上ビジョン

21インチ×3面 7日間 15秒(最大6分30秒) 60,000円

 

2018年6月11日から放映開始になった新媒体!!

1週間60,000円という破格の料金!!

実はまだ編成数が少ないのでこの料金なのです。

お得にできるのは今だけですよ~。

(2018年7月17日現在で5編成が走っています。)

 

東京メトロ

GRV 1weekスポット

 

7日間 15秒(1分ロール) 450,000円

ドア横51面 貫通11面

 

GRV

なんの略か知っていますか?

「グレート、レッド・・・」

違います!

 

【銀座レトロビジョン】

 

の略なのです。

 

昔、走っていたレトロ車両を模した新型車両。

レトロなのに中身は最先端という不思議な列車。

銀河鉄道999みたいなものですな。

(昭和世代にしか通じないかな?)

こちらはドア横に設置したビジョンになります。

もともと注目率の高いポジションである

ドア横でさらに動画が一斉に放映されるので、

注目率はかなり高いのではと期待できます。

さらに4枠まとめ買いすれば、1社買いきることも可能です。

2018年下期からは1編成から2編成に増えました!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

都営バス

バスっとビジョン

全営業所販売

7日間 15秒(20分ロール) 600,000円

4週間 15秒(20分ロール) 1,800,000円

24インチ

 

なかなかのネーミング!一度聞いたら忘れられません。

バスの中にもビジョンがあるんです!

運転台の後ろなので、進行方向を向くと目に入ります。

20分ロールのうち、10分は天気・東京都交通局の情報コンテンツを放映。

静止画1枚からご出稿できるので、

気軽に始められますよ。

 

 

都営地下鉄

チカッ都ビジョン

15秒(14分ロール) 300,000円

17.5インチ

 

こちらは大江戸線、新宿線にて運行。

平成30年度末浅草線でも運用開始!

 

皆さん、どれくらい知っていましたか?

これからの新型の車両には必ずと言って良いほど

ビジョンが付いてくるのではないでしょうか?

中吊では、電鉄間の垣根を越えて

首都圏全域に掲出ができる【ドリームセット】という

商品がありますが、

車内のビジョンでも、そのうち電鉄の垣根を越えて

首都圏全域で動画を放映できる日がくるかもしれません。

そして、多くの広告主の皆様に車内ビジョンを

ご利用いただける日が近づいているかもしれません。

 

今後も新しい情報が入り次第お届けしたいと思います。

 

お問い合わせはこちら

営業部 永田営業部 永田
mautic is open source marketing automation