お問い合わせ

03-3538-9225

受付 / 10:00~17:30(土日祝を除く)

センイル広告、応援広告って?

公開日公開日:2021.01.20

最近、ちょっと趣向の違うアイドルの広告を街中の大型ビジョンや

一部の交通広告でも見掛ける事があると思います。

通常アイドルの広告と言えば、CDやDVD、写真集、グッズ、商品等の発売、

イベントやライブ開催の告知等、商業目的で所属事務所やレコード会社、

出版社、イベント主催社等の企業が出稿するのが一般的でした。

しかし今や、ファンが自ら推しアイドルの誕生日や記念日をお祝いしたり、

単純に応援したりする一見オフィシャルのように見えて、

全く商業目的では無い広告を出稿するという、いわゆる「センイル広告」、

「応援広告」が少しずつ増えてきています。

※「センイル」とは、韓国語で「誕生日」という意味になります。


韓国では人気K-POPアイドルのファンが屋外の大型ボード・ビジョンや地下鉄、

バスの車内、バス停、バスの車体、空港、飛行機の機体等々に直接広告を出稿して

アイドルをお祝い、応援するという広告は既に一般的に浸透しており、

「推しアイドルを有名にしたい!」、「推しアイドルに喜んで欲しい!」等の思いや、

その広告の数や量が人気のバロメーターになっている事もあり、

一個人だったり複数人のファンクラブによる広告主が専門の代行業者を通じて出稿しており、

海外、日本からも依頼があるようです。

(余談ですが、アメリカでもタイムズスクエアで数百万、数千万円するような広告にも

K-POPアイドルのセンイル広告が出稿されてました・・・)

韓国においてはデザインの制限もほぼ無く、掲出する際に必要なのは出稿する団体の

名称さえ記載されていれば、後は広告料金を支払うだけで簡単に掲出が出来るようです。

アイドルの写真を使用する場合は当然韓国にも「肖像権」、「著作権」というものがありますが、

所属事務所にとってはアイドルの広報に繋がるため規制されず殆どが黙認されているようです。

(※その流れから過去に大統領の誕生日広告が掲出され問題となり、

現状では政治的と判断されるものはNGとなっています。)


では日本ではどうか、国が違えばそこはそのまま同じように簡単に出稿とはいきません。

屋外広告にも交通広告にもそれぞれ審査基準というものがあります。

屋外広告は地域や場所によって見解も異なり、公共機関である交通広告においても

各電鉄会社によって様々な見解があり、広告を出稿するにあたっては、

基本的に個人広告が認められていない為、一個人ではなく実在する活動団体が

広告主、アイドルの所属事務所に対し広告掲出、写真使用の許可、責任の所在を

はっきりする為の問合せ先を明記等、交通広告ではそもそも慎重を期して

一部または全てにおいて掲出を認めていない電鉄会社もありますので、

もしこのような推しアイドルの「センイル広告」、「応援広告」を

掲出してみたいという場合は、事前にお問合せ頂き、トラブルが起きないように

注意事項等を十分確認した上でご検討下さい。


詳しくは弊社の下記をお読みください。

【第二回】アイドル応援広告の話を聞いてみた!


経験豊富な春光社にご相談ください。

お問い合わせはこちら

メディア部 M

お役立ちコンテンツ

用語集 faq