春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2018.02.08

【渋谷の若者にいま改めて問うその存在価値。「HONDA渋谷屋外ブランディング展開」】

テレビアニメ「サザエさん」のスポンサーがどこになるのか?

巷の大きな話題になっていますね。

 

長い間1社提供を続けていた東芝がスポンサーを下りるという衝撃のニュース

が日本を駆け巡ったのは昨年秋のこと。さっそくイエス!高須院長が名乗り

を上げるなど、やはりこの国民的番組の浸透度はかなりなものであるという

ことが証明された格好です。

そして、先日の報道では、後継スポンサーに決まったのは日産、Amazon、

西松屋、大和ハウスといった企業を含む10社程度ということ。

現在すでに1社提供ではないものの、「サザエさん」といえば東芝というイメ

ージがあまりに強いため、ブランディングという点ではかなりパワーダウン

すると思われます。

 

そもそも東芝の経営不振と白物家電事業の売却に端を発したこの騒動ですが、

日本を代表するこの名門企業の凋落ぶりを見るのは日本人としてやはり辛い

ものがあります。

東芝はかつてフラッシュメモリの生みの親である桝岡富士雄氏の発明を十分に

活かすことができず、インテルに市場を奪われるという大失態を演じるなど、

経営上のミスジャッジを繰り返しています。

いくら優秀な技術者がいいものを作っても、いまだ日本の多くの企業で、

また国策においてもビジネスとしてその力を活かし切れていないとすれば、

一刻も早く手を打たなければならない問題であると思います。

 

「サザエさん」騒動からそんなことが透けて見えるのですが、皆さんはどう

お感じになりますか?

 

ということで、

今週は創業者の夢をついに実現したあのメーカーの事例をご紹介します。

 

1962年、本田宗一郎氏が航空機事業への参入を宣言してから半世紀。

苦難に苦難を重ねた末に超難関と言われる米連邦航空局の型式証明も取得し、

2017年上半期の小型機シェアでついに世界一を達成したHondaJet。

この開発ストーリーを読むだけで映画が何本もできそうですが、

1機5億4000万円という、およそOOHの対象ではない高額商品の広告展開を渋谷

ハチ公口の屋外広告で展開しています。

 

これは昨年から展開している広告シリーズ「Go,Vantage Point」の一環。

車離れが進む若い世代に向けたホンダブランドの新しいメッセージです。

http://www.honda.co.jp/GVP/

http://www.honda.co.jp/jet/

この広告を見るだけでワクワクしますし、世界に胸を張れるこんな企業が

1社でも多く増えてくれたらと感じます。

 

mautic is open source marketing automation