春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2017.09.14

【新宿プロムナードにエイリアン出没!「フラッシュ撮影で再現する恐怖の世界観」】

こんにちは!「SHUNKOSHA Media Information」編集部の高橋です。

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、少しずつ秋の気配も感じる今日この頃。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

今年は天候不順で夏らしい遊びはまったく盛り上がらず仕舞い。

 

子どもたちには気の毒な夏でしたが、その一方で映画の興行収入はなかなか

 

好調だったようです。

 

 

ちなみに夏休み映画興行収入ランキングは(2017年9月11日現在)

 

1位 怪盗グルーのミニオン大脱走

 

2位 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

 

3位 銀魂

 

4位 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

 

5位 君の膵臓をたべたい

 

6位 メアリと魔女の花

 

7位 関ヶ原

 

8位 スパイダーマン:ホームカミング

 

9位 忍びの国

 

10位 トランスフォーマー/最後の騎士王

 

 

というように洋画2作品が50億を超えるヒット。

 

昨年の『シン・ゴジラ』『君の名は。』クラスの大ヒットはありませんが、

 

6作品がベスト10入りした邦画もまあ頑張っていたようです。

 

 

 

ということで、

 

映画のプロモーションはOOHの常連ですが、今週はあの人気シリーズの新作

 

の交通広告展開を取り上げました。

 

 

衝撃の第1作が公開されたの1979年。

 

エイリアンのデザインや美術を担当したH・R・ギーガー氏の世界観は社会現象

 

にもなり、各方面に少なからぬ影響を与えましたが、40年近く経ったいま改

 

めてエイリアンの造形を見ると、我々の潜在意識の底にある普遍的な闇とか

 

恐怖というものを感じてしまいます。

 

 

「私の絵を怖いと思う人は現実を把握していない人だ(H・R・ギーガー)」

 

 

まだ一度も観たことがないという方。

 

ぜひ劇場へ足を運んでみてはいかがでしょう。

mautic is open source marketing automation