春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2017.05.18

【日本最大級のビアガーデンがついにオープン!!「ヒビヤガーデン開催プロモ」】

会社帰りにたまにスーパーに立ち寄ることがあるのですが、以前は1000円を切ることもあった350ml×6缶パックのビールがいつの間にか姿を消してしまい、

その代わりにプレミアム系のビールがやたらと幅を利かせていることがなんとなく気になっていました。

 

これはどうやら国税庁が酒類の安売り規制を強化した影響のようで、安売りの目玉であるビールを置けなければ、季節ものや単価の高い

プレミアムビールなどを前面に押し出したほうが店にとってはいいということの表れなのかもしれません。

そもそも日本のビールの税金は諸外国に比べると高すぎるということはずいぶん前から言われていたことです。

 

財務省のホームページでも確認できますが、1リットルあたりの酒税額は、ビール220円、清酒120円、焼酎200円、ウイスキー370円と

ビールが突出しているようには見えません。

 

ところが、それぞれ度数が違うため1度あたりに換算してみるとなんと、ビール44円、清酒8円、焼酎10円、ウイスキー10円と同じ程度のアルコールを

摂取する前提で考えるとビールが突出していることがよくわかります。

昔は贅沢品として税率が高かったのでしょうが、どんなお酒も一般的となった今の時代なら、1度あたり一律の税額でも別にいいんじゃないかと思うのですが、

財務省はそう甘くはないようです。

 

ということで、

 

今週は過ごしやすくなった今の季節に絶好のイベント、屋外ビアガーデンの事例をご紹介します。

今年もオクトーバーフェストに代表されるビールイベントが各地で開催されますが、この手のイベントは保証金を支払ってビールグラスを受け取り、

自分の好きな銘柄を楽しむというスタイルが一般的かと思います。

また、一杯あたりの価格もそれなりの値段ですので、ちょっとしたイベントに参加するという感覚なのですが、男女を問わず会場は大盛況です。

屋外にはやはりビールが似合う!ということで、もう少し財布に優しい料金設定なってくれるともっと盛り上がると思うのですが。。。

 

そして今週は、緑の芝がきれいな競馬場で開催されるあのG1レースのOOH展開もご紹介します。

さて、皆さん週末はどちらへお出掛けでしょうか!!??

 

mautic is open source marketing automation