春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2018.11.15

【グラフィックから伝わるHONDAの熱いスピリット!「『Go Vantage Point』第3弾始動!」】

先週のウイークリーレポートでも取り上げ、9日の封切りから早くも国内で

興行ランキング1位に躍り出た「ボヘミアン・ラプソディ」を早速私も観て

来ました!

いやーーーーーーーーーーー~良かった!(涙)

若い頃にクイーンのファンだった方なら、絶対にご覧になったほうがいい

です!

やはり感性のみずみずしい時期に好きだったものは、年齢を重ねても記憶

回路の特別な場所に置かれているらしく、心を動かされるもののようですね。

 

ところで、自分の思い入れのあるアーティストが企業ブランドとコラボする

となると、皆さんはどのように感じられるでしょうか?

どちらかというと、好きなアーティストが企業と組むということに商業主義

を感じて、なんとなく嫌な感じがする方が多いのかなという気がしますし、

アーティスト側も絶対に企業とは組まないというスタンスの方もおられる

ようです。

好きなアーティストと好きな企業が組むのならまあいいか、となるのかも

しれませんが、なかなかそう上手くはいかないと思います。

しかし、自分の中にある肯定的なイメージがアーティストと企業で合致した

場合はとても強い力が働くと思われます。

簡単な例でいうとアーティストが使用している楽器、洋服、クルマ等のブラ

ンドに憧れ、好きになるというのは多くの方が経験されていることではない

でしょうか。

 

ということで、

今週はリリースされる度に話題になるホンダの企業広告シリーズ第3弾を取り

上げました。

「ONE OK ROCK×HONDA」のコラボで、今回も曲を書き下ろし、渋谷では

とにかくカッコいいクリエイティブを展開しています。

さて、今どきの渋谷の若者たちの目にはどんな風に映るのか?

ホンダというブランドに彼らの心の中の何が投影されるのか?

まだまだ、ホンダの挑戦は続きます。

mautic is open source marketing automation