春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2018.09.06

【資生堂が原宿でオープンする2日間限定のアート空間!「SHISEIDO POP UP 表参道展開」】

2~3年前から特に目立つようになってきたポップアップストア。

街中のイベントスペースや駅構内の一角を使って、期間限定で出店する店舗

を交通広告で告知するケースがここ数年ずいぶん増えた印象があります。

ポップアップストアという手法自体は海外では10年以上前から行われていた

ようですが、日本でも一足遅れてちょっとしたブームになっている感があります。

ポップアップストアは言い換えると期間限定ショップと同じ意味なので、

昔からある手法と言ってしまえばそうなのですが、最近はその活用の仕方も

いくつかのパターンがあるようです。

考え方としては事業性を重視するか、プロモーションを重視するかでやり方

が変わってくるようですが、スマホが普及したおかげでオフラインからオン

ラインへの誘導が容易になり、リアル店舗を持たないECサイトがオフライン

販促で展開したり、知名度の低いブランドが知名度を上げるために行ったり

と、著名ブランドから無名ブランドまで、様々な企業がオンラインと連携し

ながらうまく活用しているようです。

 

ということで、

今週は昨年度創業以来初の1兆円の売上を達成した資生堂のポップアップ

イベントの事例を取り上げました。

かつてはOOHの常連だった同社ですが、好調な業績の反面、広告出稿は

かつての存在感を感じない気がします。

これは同社のマーケティング戦略の変更が大きく影響しているのでしょうが、

今回は原宿の路地のイベントスペースを使用したポップアップイベントを

実施するとのことで、今までのブランドイメージとは何となくそぐわない気が

するのですが、時代の変化を感じてしまいます。

さて、どんな人たちが来店するのか興味深いところではあります。

mautic is open source marketing automation