春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2018.08.30

【今なお進化し続けるJOJOの不思議な世界観。「国立新美術館『荒木飛呂彦原画展』」】

今週大変悲しいニュースが報じられました。

「ちびまる子ちゃん」の作者である漫画家・さくらももこさんが53歳の若さ

で亡くなられたということでした。

日曜日の夕方6時から放映されているテレビアニメは、子供からお年寄りまで

幅広い年齢層に愛されている、サザエさんと並ぶいわば国民的アニメ。

あ~あ、明日からまた1週間が始まるなぁ…という、なんとなくブルーな日曜

夕方の気分にほのぼのとした暖かさを運んでくれる、そんな存在かと思います。

話の中によく登場する西城秀樹さんのご逝去も記憶に新しいところですが、

お姉ちゃん役の声優さんといい、作者のさくらさんといい、あまりにも早い

お別れに言葉もありません。

日本中にたくさんの幸せを運んでくれたさくらももこさんに、今はただただ

有難うございましたと申し上げるのみです。

 

ということで、

誰でも同時代を生きたタレントやアーティストの作品を、自分の人生と重ね

合わせることがあると思います。

好きだった漫画、好きだった歌、憧れたミュージシャン、スポーツ選手など、

それらは時代を象徴する作品であったり、自分のロールモデルであったりする

ものですが、今週取り上げた漫画はかなり多くの方が影響を受けた作品では

ないでしょうか。

しかも、原画展が国立美術館で開催されるほど作品としての評価が高いという

事実は、当時夢中になって読んだ者としてはなんとなく嬉しい気持ちにさせて

くれます。

ちにみにチケットは完全日時指定制とのことですので、ご興味のある方はぜひ

お早めに予約してください。

mautic is open source marketing automation