春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード 春光社の交通広告をもっと詳しくご紹介!!資料ダウンロード

ここでしかお見せできない、会員限定スペシャルコンテンツが満載!!
プランニング、営業ネタ、アウトドアメディアのお役立ち情報はこちらから!!

2018.05.17

【表参道から「出会い」の世界観を発信!!「『Sansan in 表参道』プロジェクト進行中。」】

ようやく5月らしい爽やかな天気が続いていますが、5月5日から19日頃は

二十四節気(にじゅうしせっき)でいう「立夏(りっか)」

暦の上では夏の始まりで、1年のうちでもっとも過ごしやすいのがこの季節

です。

また、二十四節気はさらに細かく七十二候(しちじゅうにこう)に分かれ、

立夏は以下の3つの時期に分けられています。

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

蚯蚓出(みみずいずる)

竹笋生(たけのこしょうず)

カエルが鳴き始め、ミミズが地中から這い出て、タケノコが頭を出すという

ふうに、生き物が活発に活動を始めることを言葉の豊かな語感で表現できる

日本語と、豊かな四季のある日本という国は素敵だなと思います。

ふだん都会で生活しているとなかなか感じることのできない季節感を、こう

いった言葉で意識するのもいいものだと思います。

 

ということで、

広告展開と季節感の関連性があまり強いとはいえないこの時期、

各エリアをジャックするそれぞれ色合いの違う事例を3つ取り上げました。

一つ目は、表参道をお膝元とするテレビCMでもお馴染みのあの企業のブラン

ディング広告。

二つ目は、あのRAIZAPが北斗の拳とコラボレーションしたキャンペーン。

三つ目は、来週末に迫った競馬「日本ダービー」の告知。

 

ケンシロウの北斗神拳がサウザー相手に苦戦したのはサウザーが全内臓逆位

の身体だったからというのは有名な逸話ですが、この遺伝子を発見した東京

理科大の松野健治助教授が、このサウザーにちなんで「サウザー遺伝子

(Myo31DF souther)」と命名したということです。

そしてこの話を教えてくれた私の隣の席にいる同僚が、なんとこの内臓逆位

であるということでした。

意外なエピソードがほんの身近にあるものだなぁと感心してしまいました。

mautic is open source marketing automation