ボツ企画でマイルが貯まれば・・・・・!!

その他2020.03.18

ボツ企画でマイルが貯まれば・・・・・!!

企画マンあるあるの話ですが

まぁー、年間のボツ企画の多いこと。

 

1ボツ企画500マイルに換算すれば、

生涯マイルで、ハワイを往復できそうです。

しかもファーストクラスで。

 

そんな、しこたまある門外不出のボツ企画を

恥ずかしながらいくつか紹介しますね。

 

ボツ企画をネタにする企画マンは私くらいかと

思いますが・・・。

 

■単語帳中づり(中づり貸切電車)

英会話学校への提案でした。

 

中づりを単語帳に見立て、おもて面は英文、

裏は日本語訳での展開です。

 

企画マン的なこだわりは、

1車両はすべて違うコピーにすること、

単語帳のリングを金属にすることです。

(私の学生時代の単語帳は金属リングでした。)

 

制作サイドに相談したら、

「リングを金属にしたら

えっらい重くなりまっせ!」

と言われてしまいました。

 

「まじかー!」

 

私のこだわりはあえなく撃沈。

 

最終的には、金属素材を

厚手の紙にプリント&円型加工。

 

「なんちゃって金属リング」

で着地しました。

 

ちなみに日本語コピーは

「若い若いと思ったら周りが若い」

英訳すると

「Thought I was young, I am the oldest around here.」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフィフの心の声です。

 

 

■巨大辞典が出現!(銀座駅の今はなき移動ボードの特殊掲出)

ラノベ作家の作品展告知です。

作品の多さを辞典で表現しました。

 

発砲スチロールで型を作成。辞典の表紙部分はリアル感を

演出するため高級布を貼ります。辞典の中面はシート貼り。

 

こだわりはポストイットでしょうか。

ポストイットには、展示会の日程や場所などを

手書きっぽい文字を印刷します。

 

実は、駅に立体物を置くのは至難なのです。

 

 

実施の際は、『人が寄りかかっても倒れない構造』という

構造計算が必須になります。

 

その観点から言うと「ボツでよかった💛」と、

当時は思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■「衝撃に強い!スマホ」(フロアー広告)

アウトドアに最適なスマートフォンの広告提案です。

 

「そんなに強いんだったら、みんなに踏んでもらおう!」

ということで、ターミナル駅のフロア広告を提案しました。

 

透明な塩ビシートに巨大なスマートフォンと

キャツチコピーを印刷します。

 

小ネタなのですが、透明なものに

クリエイティブを印刷する場合は、

データ作成時にレイヤーで白版を、

その上にスマートフォンとコピーを配します。

 

スマートフォンのフロア広告。

踏みしめてみたくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボツ企画を3つご紹介しましたが、

最近の交通広告のトレンドも、ご他聞にもれず

「バズる」&「映える」です。

 

交通利用者は絶対数が多いので、

変わった施策を展開すると、わりとすぐに

反応してくれるんです。

ツイッターユーザーが。

 

 

掲出後、エゴサーチで

「つぶやき」を見るたびに

一喜一憂するのは私だけでないはず。

 

 

「ボツ企画でマイルが貯まれば」なんて、

非現実的なことは考えず

「バズる」&「映える」をモットーに

「つぶやき」を糧に

これからもがんばります!!!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

watanabewatanabe
mautic is open source marketing automation