【交通広告】 車内デジタルサイネージのご案内

車内媒体(デジタル)2020.03.02

【交通広告】 車内デジタルサイネージのご案内

皆さんは電車に乗る時、車両のどの位置にいることが多いですか?

私はドア付近に立っている事が多いです。

車内を見まわすと座っている方を除くとドア付近に立っている方が多いような印象があります。

 

ドア付近にある媒体といえば・・・・

 

そう!車内ビジョン!!

 

ドア上部に設置されている事が多い車内ビジョンは、

ドア付近に立っている人の目線にあるので視認性が高い媒体となっています。

 

JRの車内ビジョン『トレインチャンネル』の広告到達率は37.6%。※JRメディアガイドより

東京メトロの車内ビジョン『TMV』の広告到達率は39.8%。※東京メトロメディアガイドより

 

一口に車内ビジョンと言っても、最近では山手線まど上チャンネルのようにビジョンが3面並んだ商品や、

車両の貫通部分に設置されたサイドチャンネルというような商品もあります。

 

今回のコラムは、車内ビジョンのご紹介をさせていただきます。

 

■JR東日本 トレインチャンネル スポットCM

掲出料金:4,700,000円

掲出期間:7日間(月~日曜日)

秒数:15秒

1ロール:山手線20分 他路線25分

サイズ:15インチ(4:3) 17インチ(16:9)

掲出路線:山手線、中央線快速、京浜東北線・根岸線、京葉線、埼京線、横浜線、南武線、常磐線各駅停車、中央総部各駅停車、ゆりかもめ

 

首都圏のJR主要9路線で映像放映が展開可能な商品で

電車利用者の方々はドア付近へ集まる事も多くドア上部に設置されている事からも

高い注目率が期待出来ます。

 

<放映イメージ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■JR東日本 山手線E235系 まど上チャンネル

掲出料金:1,200,000円

掲出期間:7日間(月~日曜日)

秒数:15秒

1ロール:山手線20分

サイズ:21,5インチ(16:9)

掲出路線:山手線E235系

 

トレインチャンネルとは違い、まど上位置に設置されているデジタルサイネージですが

3画面並んで放映されるため連動させた放映や1枚絵に見せる展開が可能です。

 

<放映イメージ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■JR東日本 山手線E235系 サイドチャンネル

掲出料金:1,000,000円

掲出期間:7日間(月~日曜日)

秒数:1車ジャック(2枠販売)

1ロール:最大30分

サイズ:21,5インチ(16:9)

掲出路線:山手線E235系

 

JR東日本、山手線E235系内で車両連結面上部に位置するサイネージとなり

1面をジャックして放映可能な商品になります。

 

<放映イメージ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■東京メトロ Tokyo Metro Vision 1weekスポット

掲出料金:3,000,000円

掲出期間:7日間(月~日曜日)

秒数:15秒

1ロール:15分

サイズ:15インチ、17インチ

掲出路線:東京メトロ(銀座線、丸ノ内線、東西線、日比谷線、千代田線、有楽町線・副都心線、半蔵門線、南北線の新型車両)

 

東京メトロ9路線で映像放映が展開可能な商品で

電車利用者の方々はドア付近へ集まる事も多くドア上部に設置されている事からも

高い注目率が期待出来ます。

 

 

<放映イメージ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■東京メトロ レトロライナービジョン貸切「GRV+TMV」

掲出料金:2,200,000円

掲出期間:7日間(月~日曜日)

秒数:15秒2種類又は30秒1種類以上

1ロール:1車ジャック

サイズ:ドア横23,5インチ、貫通部18インチ、ドア上17インチ

掲出路線:銀座線(1000系/6両)2編成

 

東京メトロ、銀座線レトロライナー(1000系特別仕様車)の2編成にて

ドア上上部、ドア横、貫通部分でのデジタルサイネージ放映となり

1車ジャックが可能な商品となります。

 

【東京メトロ 銀座線レトロライナーとは】

約90年前に銀座線が開通した際に運行していた車両をモチーフにして作られた車両です。

 

<放映イメージ>

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では上記以外の色々な広告媒体を取り揃えておりますので

何かご不明点や特殊展開等のご相談が御座いましたら春光社までお問い合わせ下さい!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 Y.N営業部 Y.N
mautic is open source marketing automation