銀座で思ったこと。

エリア2019.12.25

銀座で思ったこと。

みなさま、こんにちは。

コラム名 恋は各駅停車です。

 

わたしたちの会社が銀座線京橋駅に位置しているせいか、最近の飲み会は銀座で集合が多くなりました。

学生時代は銀座に足を運んだこともなかったし、それこそ渋谷・新宿・池袋ばかり。

ちょっとおしゃれな街に行こうといったら下北沢でした。

銀座に行ったらヒール高7cmの綺麗なお姉さまばかりと思っていました。

だから、私も銀座に行くときは少し背伸びをした格好をしたものです。

いまは、歳を重ねたのか、恋を重ねたのかは分かりませんが、だいぶ銀座という街への敷居が下がってきたように感じます。

 

私たちの仕事で銀座といえば、どうしても東京メトロ銀座駅となります。

銀座駅は今年の6月開業に向けてリニューアル工事の追い込み中です。

リニューアル前はコンコースやホームにビジョンがあったり、また柱巻やパネルを使って駅ジャックという商品があったりしました。

そこに掲出していただいているナショナルブランド様のご出稿。

交通広告に携わる者として、1回は実施してみたかったです。

残念ながら、いまはできません。

 

そんな、銀座駅ですが、少しずつリニューアルが完成してきました。

本格稼働するまでもう少しお待ちください。

 

営業していると、「銀座駅でいまなにができるの?」といったお問い合わせをいただくことが多いです。

ありがたいことです。

 

こんな私の独断ですが、銀座で考えられる広告訴求のおすすめです。

地下戦、地上戦、空中戦の3カテゴリーで攻めてみます。

 

【地下戦】はいわずもがな銀座駅です。

リニューアル中ですが、銀座駅で展開できる唯一のビジョン媒体です。(2019年12月現在)

ビジョン周辺の工事用の柵が撤去されれば、さらに見栄えがよくなり、重点ポイントになるかと思います。

 

■メトロコンコースビジョン銀座駅

場所:銀座三越前 地下コンコース

サイズ:42インチ16面

金額:250,000円

期間:月曜日から日曜日までの7日間

2分30秒に1回の割合で15秒の広告が放映できます。

個人的には4枠100万円を購入していただき、2分30秒のなかで1分放映させることをしてみたいです。

 

■ソニーパーク 地下アドピラー

銀座駅管轄ではないので、リニューアル工事の余波を受けません。

ビジョンにはない、アナログ媒体の良さが光る柱巻広告が可能です。

サイズ:柱巻 9本

金額:1,900,000円(制作料金も含みます)

期間:月曜日から日曜日までの7日間

 

 

【地上戦】は中央通り、晴海通りでのプロモーションです。

銀座4丁目周辺の屋外ビルボードは高額ですし、ほとんどが年間で販売されています。

14日間のみ掲出可能なスポット媒体もありますが、見え方的に一長一短であると私は思います。

そこで、下記の2つをご提案したいです。

 

■ソニーパーク

ソニービル跡地にできたソニーパークです。

ソニービル時代とは違い、単純に広告媒体として使用できる場所ではありません。

公園にふさわしいイベント企画を共創して、楽しい場所にできることをソニーパークと共に実施してみたいです。

 

■ロンドンバス

アドトラックやラッピングバスをご提案することも多いのですが、品格と見え方に難があるように思います。

ロンドンバスはラグジュアリーブランドが実施することが多い媒体です。

窓部分も広告として利用できるので、本当の意味でフルラッピング化されています。

運行ルートもこちらで指示できますので、銀座中央通りを1日何回も走らせることも可能です。

広告料金:1,550,000円

制作料金:2,000,000円

期間:ご希望の7日間

 

 

そして、最後に【空中戦】です。

銀座の交差点で信号待ちをして、スマホをいじっている時に、【地下戦】【地上戦】でみた広告をスマホでさらに見せることが可能です。

OOHのクロスメディア的なものなのでしょうか。

銀座にいる位置情報を取得して、広告発信をしていきます。

金額はクリック課金ですので、お客さまの予算とお好みに合わせてカスタマイズさせていただきます。

 

こんなことを夢想しているのですが、まだ実現したことはありません。

このコラムを縁あって読んでいただいた広告主様、一緒にお仕事させてください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

最後にひと言だけ追加させてください。

上記に記載した私の戦いかたは青二才的な私の独断ですので、叱責はご容赦ください。

営業部 恋は各駅停車営業部 恋は各駅停車
mautic is open source marketing automation