Simple is Best!

その他2019.10.09

Simple is Best!

こんにちは。初めてコラム書きます。 よろしくお願いします。

来年の東京オリンピックが近づいてきて、最近海外からの旅行者もだいぶ増えてきましたね.

(あまりオリンピックには興味がない私です。。。)

 

さて本題ですが、交通広告に限らず、広告全般「文字が多い」「色使いが派手」など、

イメージのものが結構あると思いますが、私はベースの色が黒や紺などのダークな色で、

シンプルな広告の方が意外と目立つのではないかと思っています。

(周りの環境とかにもよりますが・・・)

 

 

つい最近もメトロのまど上広告やドア横広告、新橋駅の看板などで某育毛系の広告が出ているのを見ました。

黒ベースに白抜き文字でクライアント名・○○店○○駅徒歩○分・検索マド・頭頂部のイラストというシンプルなデザインでしたが、電車内が全体的に白いので、とても目立ちました。

 

また、銀座駅(今は工事につき撤去中)や銀座一丁目駅などに掲出中の某ファッション系テナントビルの看板も黒ベースに白抜きのシンプルなデザインで、かっこよく私は大好きです。

 

私自身も数年前に、海外の某ファッションブランドメーカーで銀座駅ジャックの仕事に携わった時がありました。

広告媒体は銀座プレミアムセット・臨時B0パネル・柱巻き。

詳しくはお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

その時のデザインも基本的に黒ベースにブランドロゴとキャラクターのみ、

というとてもシンプルかつ印象強く、おしゃれなデザインでとても良かったです。

(お見せできないのが残念です・・・)。

 

 

以前、テレビのスポットCMで『音が出ない広告』というのをテレビ番組で見ました。

視聴者は急に音が止まると「何? どうした?」といった感じで見るらしいです。

で、結局「何のCM?」と最後まで見ないと何の広告かわからない。という意図だそうです。

こういったアイデアもとても面白いですね。

 

週刊誌やパチンコ屋さんなどある程度、文字や文章でお伝えしなければならない広告も必要かと思いますが、シンプルなイメージ広告が可能であれば、こういった手法で掲出してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

※余談ですが、製作についてのお話です。

駅構内広告のポスターや柱巻き広告など製作する際、出力した後に広告面に

ラミネートを掛けて強度を増すのですが、ベースの色がダークな色の場合、

光沢ラミネート(艶有り)ですと、駅の蛍光灯の光などを受けて反射してしまう可能性が

ありますので、個人的にはマットラミネート(艶無し)をお勧め致します。

デザイナーさんが一生懸命作って、何度も色校正したのに、掲出したらばっちり蛍光灯の

光が写ってる。なんて嫌じゃないですか?

 

こういった製作の話やデザインの話も承りますので、ご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 φファイ営業部 φファイ
mautic is open source marketing automation