10万円で駅や電車に広告をだそう!

交通広告2019.07.17

10万円で駅や電車に広告をだそう!

こんにちは。

「交通広告ってどうせ高いんでしょ?」と思っているそこのアナタ。

 

10万円で掲出できる媒体があるってご存じでしたか?

今回は10万円で掲出ができる媒体をご紹介します!

 

■JR東日本:J・ADビジョン巣鴨駅改札外

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:70,000円

期間:1ヶ月 / 秒数:15秒

 

すがもんもびっくり、70,000円!

巣鴨駅はおばあちゃんの原宿として有名です。

巣鴨商店街はテレビ番組で目にしたことがある人も多いはず。

そしてなんといってもこのお値段で掲出期間は1ヶ月!

お手軽な価格ということもあり、長期で掲出されるクライアント様も多いです。

そのため直前になると満枠ということも・・・・

はやめのお申し込みをオススメします!

ちなみにJ・ADビジョンには巣鴨駅以外にも10万円以下の媒体があります!

ご存じですか・・・?気になる方はお問い合わせください。笑

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

さあ、どんどんいきましょう!

■東京メトロ:MCV単駅1monthスポット秋葉原

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:100,000円

期間:1ヶ月 / 秒数:15秒

 

某アイドルグループの劇場がある秋葉原。

外国人観光客にも人気のエリアです!

この媒体は日比谷線のJR口改札にあります。

ちなみにわたしは秋葉原駅に日比谷線が通っていることを最近知りました・・・・

 

そんなことはさておき、東京メトロMCVには秋葉原駅のほかに

・上野駅

・溜池山王駅

・豊洲駅(ららぽーと改札)

が、秋葉原同様 10万円で掲出できます!

やっべぇぞ!!!!(古い・・)

 

 

 

■京成:上野ステーションビジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:100,000円

期間:1週間 / 秒数:15秒

 

こちらの媒体は以前もコラムで紹介したことのある媒体です!

音声を入れることも可能!

 

 

 

そしてわたし的、目玉商品!

■東急:田園都市線「TOQまど上ビジョン」

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:100,000円

期間:1週間 / 秒数:15秒

 

「え??田園都市線ってそんなに安いの?」

みなさんの心の声が丸聞こえです!!!!!!

 

実はこの媒体、東急田園都市線2020系のみで放映されている媒体です。

2019年度は6編成。

この車両は2020年の東京オリンピック、さらに2022年の東急電鉄100周年に向けて、

田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名されました。

命名理由が可愛くて癒されます・・・

 

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

高い媒体ももちろんありますが、中には安価な媒体も実はあるんです!

そして、ある共通点にお気づきでしょうか・・・?

そう、今回紹介した媒体はすべて「デジタルサイネージ」なんです!

デジタルサイネージは駅ポスターや車内ポスターの紙媒体とは違い、印刷費がかかりません!

ダブルでお得~!!

広告を掲出したいけれど予算が・・・という方!

ぜひ10万円で交通広告を掲出してみませんか?

詳しい内容はお問い合わせください!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

P.S.

今回が初めてのコラム。

なんと書き直し~!汗汗汗

そんなバナナと思いながら、頑張って書き直しました!!!汗

よく会話の中にオチがないと言われるんです。

コラムにもオチがない!内容のまとまりがない!と言われました~汗

どうすれば文章を書くのが上手になるんでしょうか。

だれかオチのつけ方、教えてください。

ちなみにP.S.って人生で初めて使いました。

これってもう古いですか?

営業部 宮崎営業部 宮崎
mautic is open source marketing automation