ニューフェイス、高橋がご紹介!ようこそ、小江戸川越へ!

エリア2019.06.24

ニューフェイス、高橋がご紹介!ようこそ、小江戸川越へ!

みなさん、最近の埼玉ブームはご存じですか?

その発端となったのは、なんといっても今年2月から公開された「飛んで埼玉」ですね!!

埼玉をいじり倒した映画にもかかわらず、興行収入が30億円突破したとか。。

 

恥ずかしながら私も埼玉出身のため、

公開してすぐ埼玉出身の友人たちと笑いながら観てきました。

地元の映画館で観たからか、妙な一体感があったと感じたのは私だけではないはず。

観終わったときには、「埼玉いいじゃん」となぜか思ってしまいました。

公開から4か月たった今でも、まだギリギリ公開されている映画館もあるようなので、

埼玉出身の方にはぜひ観ていただきたいです!

もちろん、埼玉出身でなくても!!

(その際は埼玉出身の方と観るのをおすすめします!)

 

 

さて、話がそれてしまいましたが、

そんな埼玉の中でも、特に今、川越が熱いんです!

 

まず川越とは一体どこにあるのかと言いますと、

 

埼玉県の中心より少し右に位置する、

東武東上線とJR川越線が乗り入れているのが川越駅となります。

 

最近は“小江戸川越”とも呼ばれ、年間700万人もの観光客が訪れているそうです。

外国人だけでもなんと年間30万人も訪れているとのこと。

昨年あたりからテレビ番組等でも多く特集が組まれているので

聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

 

風鈴がインスタグラムで話題になった「川越氷川神社」や、

昨年オープンし和風デザインで話題の「スターバックスコーヒー」も

よく取り上げられていますね。

 

 

 

そんな川越駅で今回ご紹介する媒体は二つです。

 

①東武川越ワイドボード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:35万円

サイズ:B0×8枚(上下4連貼)

掲出開始:月曜日

期間:1週間

 

東武東上線の改札を入ってすぐ右手にあるこの媒体。

非常に大きい媒体なので、とにかく目立ちます!!

 

 

 

②東武川越小江戸ボード

 

 

 

 

 

 

 

 

広告料金:30万円

サイズ:B0×8枚(上下4連貼)

掲出開始:月曜日

期間:1週間

 

こちらは東武東上線の池袋駅方面のホームにある媒体です。

ホームへのエスカレーターを降りた目の前に設置されているため、

必ず目に入る媒体といってもいいでしょう!

 

 

また、今年3月より東武東上線に「川越特急」という新列車が登場したのです!!

この電車、名前に「川越」とついているだけあって、池袋駅~川越駅間を最速26分で走行します。

さらに、「特急」とついていますが、特急料金は不要でどなたでもご乗車できます。

平日に下り2本、上り3本が、土休日に下り2本、上り4本が運転されているので、

ぜひ川越へお出かけの際は乗ってみてください!

 

これで、ますます観光客が増えること間違いありませんね。

 

今後さらに増えるであろう外国人観光客を見越して、

インバウンド向けの広告、ぜひこの川越駅でご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 高橋営業部 高橋
mautic is open source marketing automation