ベテラン営業マン細谷、『都営地下鉄』を大いに語る

交通広告2019.06.12

ベテラン営業マン細谷、『都営地下鉄』を大いに語る

大江戸線が公園に停車している!

 

休日、自宅付近を散歩していると地下を走っている大江戸線が、

なんと公園に停車しているではありませんか!

 

これは豊島区、『千早フラワー公園』(西武池袋線椎名町駅下車・メトロ有楽町線要町駅下車)内

の北側に静態保存されている車両です。

 

場所は、東京都豊島区千早1-8-1。

1990年(平成2年)開園され、面積5542,49㎡もあります。

 

付近には千川上水から発する谷端川の暗渠路があるため、

東京水道局の幹線下水道が敷設されています。

 

大江戸線は、全線・全駅地下区間であるため地上には出ませんので、空の下で見るのはとても新鮮です。

 

1986年(昭和61年)4月に都営地下鉄12号線(現大江戸線)用に試作車として製造。

試験終了後に豊島区に払い下げられ、1991年2月に公園内に設置されました。

4月から10月までは午前9時~午後5時、11月から3月までは午前9時~午後4時に

車内を開放してます。

子供たちも車掌気分で盛り上がっています。(ただし運転席には入れません)

風雨にさらされて、外装はボロボロですが、2両並んで設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか昭和?のにおいがします。

興味のあるかたは近くに立ち寄りの際、ご覧下さい。

 

では、ここで問題です。

東京の地下鉄の1号線は?

→→→答えは都営地下鉄浅草線です。

 

2号線は?

→→→東京メトロ日比谷線

 

3号線は東京メトロ銀座線

4号線は東京メトロ丸ノ内線

5号線は東京メトロ東西線

6号線は都営地下鉄三田線

7号線は東京メトロ南北線

8号線は東京メトロ有楽町線

9号線は東京メトロ千代田線

10号線は都営地下鉄新宿線

11号線は東京メトロ半蔵門線

12号線は都営地下鉄大江戸線

13号線は東京メトロ副都心線です。(計画路線番号)

 

 

ご存知の方もいると思いますが、大江戸線というネーミングは、応募が多かった

候補のひとつである「東京環状線」(愛称として「ゆめもぐら」)が第一候補に挙げられて

いましたが、東京都知事(当時)の石原慎太郎知事の強い要望により現在の大江戸線と

いう名称が付けられました。

 

 

さて、ここで保存設置車内を見てみましょう。

保存設置車内は中づりの器具はありませんが、ドア付近にドア横(B3)に設置がされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和になった現在の車内はというと、ドア付近にドア横(B3)とビジョンが設置されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドア横ポスターは乗客が集まりやすい場所に設置され、目線の高さにあることから

注目率が高く人気の媒体の一つです。

大江戸線以外に浅草線・三田線・新宿線に設置されております。

 

《都営地下鉄ドア横ポスター》

1ヶ月掲出のため、長期にわたり目の付く媒体です。

 

 

 

 

 

また、ドア横上部に設置されている車内液晶モニターは(愛称:チカッ都ビジョン)として車内唯一のデジタルメディアとして注目され動画等様々な広告表現が可能です。

 

《都営地下鉄車内液晶モニター(愛称:チカッ都ビジョン)》

広告料金:300,000円(大江戸線・浅草線・新宿線のセット販売)

サイズ:17.5インチ(16:9)

秒数:15秒

ロール尺:最大14分

音声:なし

掲出期間:7日間(毎週月曜日~日曜日)

現在大江戸線のほか浅草線・新宿線に搭載されております。

≪搭載車両数≫

 

 

 

 

 

初めてビジョンを放映したいというクライアントにちょうど良い値ごろ感だと思います。

 

六本木エリア、新宿エリア、新橋エリアなど都心の中でも昼間人口の多いエリアを走っている都営地下鉄に広告を掲出してみませんか。

 

ご相談はぜひ、春光社細谷までご連絡ください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 細谷営業部 細谷
mautic is open source marketing automation