富裕層について考えてみる!

ターゲット別2019.05.08

富裕層について考えてみる!

お客様に『ターゲットは富裕層』と言われる広告マンは

私だけではないと思います。

 

 

そこで。。

 

富裕層について調べてみました。

 

そもそもですが、富裕層の定義は金融資産が1億円以上・・・

という定義があります。

 

ちなみに、富裕層の割合について野村総研が分析している

ものがあります。

 

■日本における富裕層の割合(出典:野村総研)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富裕層の定義にあてはまる世帯がなんと126.7万世帯も

あるんですね。改めて日本はお金持ちが多いと実感して

しまいました。

 

ちなみに世界を見ると、超富裕者層ランキングで日本は

アメリカ・中国に次ぐ3位です。やっぱりお金持ちが多いニッポン!

 

1つ気になることがあるのですが、

日本の人口は減っているにもかかわらず、

富裕層が年々増えており、日本が格差社会に

突入しているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

富裕層の住居を見てみると

実に約24%が東京・神奈川に

住んでいます。

 

東京都内で言うとダントツが港区で

エリアで言うと赤坂・高輪・南青山・麻布界隈です。

 

まあー、改めて文章にしなくても予想通りですよね。

 

そして富裕層の年齢構成ですが、一番多い層が56歳~65歳で

約33%です。下の図からもわかる通り、富裕層のほとんどが

老人で、団塊の世代の退職金がっぽりもらい組です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金融資産でいうところの富裕層は、

高級老人ホームとか、豪華列車や旅行など

の広告ならバッチリささりそうですが、

年齢から見ると、テレビが一番効くのでは

ないでしょうか?

 

 

では、交通広告を専業としている私達がよく

言われる『富裕層』とは、ダレなんでしょうか?

 

最近よく聞く言葉にプチ富裕層というが

あります。

 

まだ定義が曖昧ですが、世帯年収が1000万円以上で

上昇志向が高い層を言うそうです。

 

彼らは、本物の富裕層に強い憧れがあり

日経ビジネスによると、お金持ちの象徴である

「クルマの収集」に興味があると答えた人は

”本物”は約9%、”プチは31.7%だそうです。

 

これまたお金持ちの代名詞である「時計宝飾品の収集」も

”本物”は約12.8%、”プチは28.7%。

 

なんだ!富裕層の購買は「プチ」がけん引してたんだー!!!!!

 

私たち交通広告の広告マンの

富裕層もプチです。

 

そして「プチ富裕層」は本物にあこがれる・・・。

これはいいヒントですよね。

 

クリエイティブに「プレミアム」とか

「ラグジュアリー」とか高級感を

連想するワードが、彼らに効くのかもしれないですね。

 

ちなみに、首都圏の駅で

世帯所得が1,000万円以上の利用者数が

多い駅をランキングにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

当然のことですが、乗降人数の多い駅と

リンクします。

 

「ターゲットは富裕層」の場合、

もしかしたら交通広告ではなく

他のメディアが効くのかもしれません。

 

春光社は、富裕層メディアの情報も

多数保有しています。

ターゲットが富裕層なら、ぜひ春光社へご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

watanabewatanabe
mautic is open source marketing automation