【営業マン永田の現場レポート第4弾!】鉄道車両基地に大潜入!!

車内媒体(その他)2019.04.15

【営業マン永田の現場レポート第4弾!】鉄道車両基地に大潜入!!

みなさま、こんにちは!

営業マン永田がお送りする、交通広告の現場に突撃する現場レポートもついに第4弾になりました。

 

今回実施する広告は

【都営地下鉄 大江戸線 メディアライナー】

大江戸線の車両を丸々1編成ジャックする広告貸切列車です!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご利用いただきましたのは、

その中でも中づりとドア横のみ利用するセットの春のキャンペーン!

 

通常ですと、作業の方にお任せするのですが、

今回は車両ごとに微妙に異なるデザインを配置する予定なので

配置した意匠の最終確認に行くことになりました。

 

 

あまり細かい場所は言えないのですが、、、、

都内某箇所。とあるビルの地下に車両基地はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

外から見ると普通のビルです。隣にマンションも建っています。

まず、入館手続きをしてヘルメットを被り、いざ!エレベーターに乗り地下へGO!

 

昭和のスーパーロボット世代としては、この秘密基地の感じにテンションがあがります!!

地下の坑道をずっと歩いていくと、、、車両基地へ到着します。

坑道内には自転車が何台も止められており、

作業をする方々は自転車で坑道内を移動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今回の作業へ取りかかります。

手際の良い作業で中づり、ドア横の取付作業は、なんと40分で終了。

作業員さんのお話では、配置図とポスターを何度もチェックしているので

自然と配置図が頭の中に入ってくるとのことでした。

さすがベテランの技!

 

作業していただいた責任者の方と1つずつ配置の確認していきます。

大江戸線は、車高が低いので通る人の頭に中づりがあたらないように、

中づりフォルダーの形が他の電鉄のものと異なっており、

横から見るとY字のようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

確認作業も順調に進みます。先頭車両と最後尾車両から確認を行います。

誰もいない電車の中、カラフルな広告の色合いがさらに目立っています。

そんなこんなで作業は終了!

作業が終わり、地上に出てみると

空が明るい!

みんなこのビルの下に基地があることなど知らないのだろうなぁ。

 

 

 

ここで、朗報!とってもお得なキャンペーンのお知らせです!

 

ちょっと先取感ありますが・・・

 

【梅雨を吹き飛ばせ!メディアライナー季節料金キャンペーン】

適用対象  2019年6月1日(土)~2019年7月31日(水)掲出開始分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業マン永田が、自信を持ってオススメします。

皆さまもインパクト抜群の広告貸切列車をご活用ください!!

 

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 永田営業部 永田
mautic is open source marketing automation