【現場突撃レポート第三弾】 君は「駅長犬シート」を知っているか?!

駅媒体(その他)2019.02.18

【現場突撃レポート第三弾】 君は「駅長犬シート」を知っているか?!

今回は、その駅独自のネーミングの媒体についてお話します。

皆さん、「駅長犬」って知っていますか?

正直私はこの間まで、まったく知りませんでした。。。

 

今回の主役、その名も「駅長犬シート」!

 

お客様に初めてご案内した際、

「この資料にあるシート広告。駅長シートいやエキナガ イヌ?シート。

ムムそもそも駅長犬?って一体なんなんだ?!」と

会話の途中に?マークがたくさん出てきました。

 

ずばり、これが「駅長犬(エキチョウケン)」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか可愛いでしょ?

JR千葉支社のマスコットキャラクター

なんと、ゆるキャラグランプリにも出場しています。

 

千葉県在住の方から愛されているマスコット

「駅長犬」が柱にプリントされており

その上を広告として利用できるのが、

今回ご案内する「駅長犬シート」。

正確には「駅長犬の上シート」なのではと

思ったりもしますが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、場所のご案内から

この「駅長犬シート」があるのは、JR東日本 船橋駅。

改札を出てすぐ正面の柱3本になります。

JR船橋の改札口から東武船橋改札までの通路に対して正対しています。

この通路の人の流れはかなりのもので

ラッシュアワーには人でゴッタ返します。

 

船橋駅の乗車人員は

JRの中では、

23位 138,004人

(ちなみに22位は吉祥寺 141,640人)

*JR東日本 メディアガイドより

 

なかなかのものでしょう。

 

【媒体情報】

駅長犬シート

2,400mm×1,000mm

3柱6面

7日間                477,000円

28日間    1,515,000円

(1面からでも掲出できます。 7日間 189,000円、28日間 362,000円)

 

私のおススメとしては6面セットを

28日間お使いいただくのがお得だと思います。

施工費をかけてしっかり貼り付けるので

7日間で終わるのはもったいない!

さらに期間が増えるごとに価格は割引きになるので

お得感も倍増です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、改札から見て正面はJ・ADビジョンになっています

こちらも大人気の媒体で2019年度もすでに年間販売で完売!!

本当は両媒体を実施してシンクロさせたいのですが、残念!!

 

JADビジョン船橋駅

4柱4面 15秒 1ヶ月 80,000円(6分ロール)

 

 

【作業編】

それでは、順番に作業の様子を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は人通りの少ない時間に行うのですが、

コーンを周りに置いて、通行中の方にも

配慮します。監視員が通行人や作業の安全を

常にチェックしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凛々しく立っている駅長犬柱の奥から順番に作業開始です。

駅長犬の上から、広告用シートをベターと貼ります。

実は、柱の制作図面は真四角なのですが、

実際の柱は、微妙に斜めを向いていたり、

天井がゆがんでいたりするので、

シートを隙間無くピッタリ貼るのはとても大変です。

そういった時、どうしても最後の仕上げは職人ワザが必要になります!

 

ピタッと決まった時には、見ているこちらも

スーッとした気分になります。

(不器用な自分にはまず無理ですね)

そんなこんなで1時間程度で作業は完了!

駅長犬は姿を隠し、広告面がズラーっと並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のお客様から、ナショナルクライアントの

キャンペーンまで多くの方から利用される人気の媒体

「駅長犬シート」

船橋でのキャンペーンをされる際には

「駅長犬シート」をどうぞご活用ください!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 永田営業部 永田
mautic is open source marketing automation