2020年まであと少し!「インバウンド向け」の媒体をチェックしておこう♪

ターゲット別2019.02.06

2020年まであと少し!「インバウンド向け」の媒体をチェックしておこう♪

「お・も・て・な・し」が流行った時は、2020年なんてまだまだだなぁ~と思った記憶がありますが、もう来年に迫っているなんて月日の流れの速さって恐ろしいですね。

なんと、あのスピーチは2013年だったそうです。怖い怖い。

 

そんなもうすぐ東京で開催されるオリンピックですが、多くの海外の方が日本へ訪れる事は間違いありません!

2020年までに訪日外国人旅行者4000万人という目標もあるようですね。

 

今現在も『「インバウンド向け」の媒体って何かありませんか?』というお問い合わせを多く頂きます。

そこで今回はインバウンド向けなのでは・・・!と思う媒体をいくつかご紹介しようと思います。

 

<京成スカイライナー>

京成スカイライナーとは、上野駅と成田空港間を運行する空港特急です!

全席指定となっており、ゆったりかつ早く空港まで行くことができるので、スカイライナーを利用して移動する海外の方も多いはず。

 

スカイライナービジョン:1ヶ月15秒/235,000円

放映回数:上り5回・下り5回 計10回(※2018年度料金です。)

 

客室のドア上部に設置されたビジョン。ドア上に設置されているので注目率はかなり高いです。

こちら日本語での告知だけでなく、完全に中国語での商品告知もあるなど既に多くの企業が訪日外国人向けへの媒体として利用しています!!!

車内媒体,京成,スカイライナービジョン

車内媒体,京成,スカイライナービジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカイライナーポケット 1週間:300,000円(※2018年度料金です。)

こちらは座席裏のポケットにA4サイズのチラシを入れる事が出来る媒体です。

1編成設置数430ヶ所×8編成が掲出数となります。

車内媒体,京成,スカイライナーポケット

 

 

 

 

 

 

 

個人的には新幹線に乗ったときなどこういう類のチラシや冊子はチェックするタイプなので推したい媒体の1つです♪

移動時間にゆっくり見てくれるのも良い点だなって思います!

 

 

<成田空港メディア>

日本での移動中ではなく、空港に着いた時から、また帰る直前まで告知しよう!という事で成田空港の媒体もございます。

 

出発口にある大きなサイネージだったり、

成田空港,サイネージ

 

 

 

 

 

 

 

 

天井から吊り下げられているバナーだったり、

成田空港,バナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港には多くの媒体がありますね。

空港内で多くの人に見られる媒体など一部の媒体は、年間で完売しているものもありますので、

最新の空き状況や媒体の料金などは是非お問い合わせして確認して頂ければと思います!!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

空港に向かう道中や、空港の媒体を少しだけご紹介しましたが、

最近普通~~~に電車に乗っていても海外の方を多くみかけるので、新宿・渋谷・秋葉原・銀座・浅草など東京観光で訪れそうな場所ではどんな媒体でも「インバウンド向け」になるのでは・・・?とこのコラムを書いていて思ってしまいました。笑

 

春光社のコラムでもたくさん取り上げられている「山手線まど上チャンネル」でも過去、中国語メインで作られた内容の告知が流れている例もありますし、あながち間違いではないのかも・・・!!

車内媒体,JR,山手線まど上チャンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はインバウンド向けの媒体を軽くご紹介しました。

さらに、詳しく知りたい方はどしどし春光社までお問い合わせ下さい★

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

営業部 川波 営業部 川波 
mautic is open source marketing automation